ヴィランズの手下に熱視線!「ディズニー・ハロウィーン」で今年も大人気


千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで10日、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」(9月11日~10月31日)が報道陣向けにお披露目され、東京ディズニーシーでは、悪役“ディズニーヴィランズ”の手下たちが出演するアトモスフィア・エンターテインメント「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー」が行われた。

東京ディズニーシーは、今年も“ディズニーヴィランズ”が主役の妖しげで華やかなハロウィーン・パーティーを開催。ウォーターフロントパークでは、ヴィランズの力で魅力的な人間の姿に変えられた手下たちがリクルーティング活動を行い、仲間になってくれるゲストを探す「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー」を公演する。

テーマを“ディズニーヴィランズ”に一新した2015年から大人気のヴィランズの手下たち。今回、リクルーター(ヴィランズの手下)として、アップルポイズン、マルフィ、ミスター・ダルメシアン、プリティー・スカー、ホック、ファージャの6人の手下が登場し、司会のミスターV、アシスタントのミス・スキャターと共にショーを繰り広げた。

リクルーターたちは、自分たちの魅力を妖しいダンスでアピールし、それぞれポーズを披露。ゲストも一緒にポーズをとってアピールし、リクルーターたちがもっともヴィランズの世界にふさわしいと思ったゲスト4人を指名、ヴィランズの世界に来る覚悟はあるか決断を迫る。

ショーエリアを動き回ってリクルーティングを行う手下たちに、ゲストの熱い視線が注がれ、「かっこいい」とメロメロになっている人の姿も。最後は「ハッピーハロウィーン、ハッピーヴィランズ」というみんなのかけ声でフィナーレを迎えた。

あなたにおすすめ