木村拓哉 プレステ4新ソフト“主役キャラ”に「興奮しますけど、ちょっと照れる」

 俳優の木村拓哉(45)が10日、都内でプレステ4の新ソフト「JUDGE EYES:死神の遺言」(12月13日発売)の完成披露試写会に出席した。

 同ゲームはリーガルサスペンスで木村演じる元弁護士で探偵の八神隆之が謎を解いてドラマが進んでいく。木村は「ゲームのキャラクターに寄せるのは初めてなのでドキドキしてます」と語り「誰にも言っちゃいけなかったので、胸をはって言えるのがうれしい」と笑顔を見せた。「龍が如く」シリーズの名越稔洋監督からオファーをもらった時は「『龍が如く』の世界観は自分の中にあったので、あの世界に入っていくのは想像が膨らんだ」と告白。自身がゲームキャラクターになることは「『龍が如く』でいろんな方がキャラクターになっていたのは知ってましたし、自分が動いている…っていうのはすごく興奮しますけど、ちょっと照れる」と明かした。「初めてのことで驚きの連発だった」と振り返り、「監督に身をまかせてやらせていただいた」と話していた。

 イベントにはほかに谷原章介(46)、滝藤賢一(41)、中尾彬(75)、ロックバンド「【Alexandros】(アレキサンドロス)」が出席した。イベントを欠席したピエール瀧(51)はビデオメッセージを寄せた。

 同ゲームの先行体験版は10日から配信される。

あなたにおすすめ