潤いから生まれる透明感 “秋美白”、始めてみない?

モデルプレス

2018/9/10 19:30

【スキンケア/モデルプレス】残暑もやわらぎ、刻々と秋めいてくる時期。スキンケアも秋冬用へとシフトチェンジしたいところ。しっとりと潤った透明感のある肌を目指すなら、“秋美白(※1)”に注目です!

※1:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

■9月は最もシミができやすい?



紫外線量が最も多いのは夏ですが、実はシミができやすいのは秋と言われています。

というのも、夏の間にたっぷりと日差しを浴びた肌は、シミのもとであるメラニンが生成されているから。年間を通しても9月は肌のメラニン指数(※2)が最も高くなり、放っておくとシミになることも(※3)。

※2:肌色の明度測定の結果から推定する肌内のメラニン量のこと
※3:花王株式会社調べ

■乾燥が肌の透明感に関係



さらに、秋は空気が乾燥し始める時期。

肌は潤いが不足してキメが乱れると、光が乱反射し、透明感を失いがちです。

そこで、「美白(※1)」も「潤い」も、どちらも叶えるおすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

■“秋美白(※1)”に「キュレル 美白(※1)ケアシリーズ」



「キュレル 美白(※1)ケアシリーズ」は、植物由来の美白有効成分カモミラETを配合(化粧水のみL-アスコルビン酸2-グルコシド)し、メラニンの生成を抑制。シミ・ソバカスを防ぎます。

そしてセラミドケア(※4)で、潤い成分が角層の深部までじっくり浸透。潤いから生まれる、透明感あふれる肌に導きます。

※4:セラミドの働きを守り補い、潤いを与えるケア

すべて【医薬部外品】 肌荒れ・荒れ性

さらに、低刺激性の製品設計。弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)で、アレルギーテスト済み(※5)、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み(※6)。乾燥性敏感肌を考えたシリーズです。

※5:すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。
※6:[パッチテスト:皮膚に対する刺激性を確認するテスト]

■使い心地のよさもポイント


角層までじっくり浸透する化粧水。しっとり、みずみずしい使い心地。

潤いに満ちた肌に保つ、乳液とクリーム。

乳液は、なじみよくなめらかな使い心地。クリームは、ふわっと軽いのにしっかり潤う使い心地です。

20日間試せるミニセットもあるので、スキンケアをじっくり選びたい乾燥性敏感肌の方にもうれしいですね!

キュレル公式サイトでは、乾燥性敏感肌を考えた商品・お手入れコンテンツが充実。毎月さまざまな商品のサンプルプレゼントも実施しています。

すべて【医薬部外品】 肌荒れ・荒れ性

さらに、公式TwitterとInstagramでは、乾燥性敏感肌の方へ季節にあったオススメ商品情報などを発信しているので、スキンケア選びに迷ったときの参考になりますよ。

■キュレルで“秋美白”スタート!



潤いから生まれる、肌本来の透明感を目指して、秋からキュレルの「セラミドケア(※4)・美白(※1)」を始めてみませんか?

なりたい肌を手に入れたら、スキンケアもメイクも、もっと楽しくなる予感。好きな肌で、好きな自分に!(modelpress編集部)[PR]提供元:花王株式会社

※1:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
※2:肌色の明度測定の結果から推定する肌内のメラニン量のこと
※3:花王株式会社調べ
※4:セラミドの働きを守り補い、潤いを与えるケア
※5:すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。
※6:[パッチテスト:皮膚に対する刺激性を確認するテスト]

あなたにおすすめ