自宅と勘違いし他人の家のドアを開けようとした警察官 住人を射殺(米)

日本では市民を警察官が射殺するということは、まず考えられないだろう。しかし銃社会アメリカでは、警察官の誤った判断で罪のない市民が射殺されてしまうという事件がたびたび起きている。このほど場所同じくアメリカで、善良な市民が警察官が放った銃弾により命を落としてしまった。『New York Post』などが伝えている。

米テキサス州で9月6日の午後10時頃、その日の職務を終えて帰宅しようとした女性警察官がいた。アンバー・レネ・ガイガー(Amber Rene Guyger、30)というこの女性警察官は当時、自宅のドアの鍵を開けようとしたがなかなか開かなかった。それもそのはず、彼女は自宅がある階とは別の階の他人の部屋のドアを開けようとしていたのだ。

この部屋の住人であるボサム・シェム・ジーンさん(Botham Shem Jean、26)はあたりが騒がしいことに気付き、ドアを開けようとした。その瞬間、アンバーはボサムさんに銃を向けて発砲したのだった。撃たれたボサムさんはすぐにベイラー大学メディカルセンターへと運ばれたが、そこで死亡が確認された。

当時、この騒ぎを耳にした住人の女性は「警察官の『ドアを開けなさい! 開けなさい!』という声が聞こえてきました」と言い、また別の女性は「警察官の叫び声が聞こえましたが、何が起きているのかは全くわかりませんでした」と話している。

ダラス警察署の巡査部長であるウォーレン・ミッチェル氏(Warren Mitchell)は、事件直後の記者会見で「まだ詳しい情報は入ってきていない。我々はまだ彼女に事情聴取を行っていない。この件においては十分に調査をしていかなければならない」と語った。当のアンバーはダラス警察から調査を引き継いだテキサス・レンジャーズが対応する間、休職扱いとなっている。

亡くなったボサムさんだが、アーカンソー州のハーディング大学を卒業した後、会計監査・コンサルティングサービスを提供する大手企業「プライスウォーターハウスクーパース」に勤務していた。また彼の母親は、東カリブ海に浮かぶセントルシアの官職に就いていたとも伝えられている。

今回の事件が起きたアパートの住人らは、突然警察官がやってきて住民に発砲するなどとは思いもよらなかったことだろう。同アパートに住む80歳の女性は「どうしたら部屋を間違えるんだい? 警察はきちんと彼らを訓練しないと!」と怒りを露わにした。また、他の住人も「怖くて何かあっても警察を呼ぶこともできない」と話している。

画像は『Botham Shem Jean 2014年11月4日付Facebook』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

あなたにおすすめ