ついに最終回!桜木泉の殺意はどこへ向かう?「絶対零度―」

ザテレビジョン

2018/9/10 19:30

9月10日(月)に最終話を迎える“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(夜9:00-10:09、フジテレビ系)。今回、ミハンはベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸彩)を危険人物として捜査していく。

本作は「絶対零度」(2010年ほか、フジテレビ系)のシリーズ3作目。沢村一樹演じる元公安のエリート刑事・井沢を主人公に、未来の犯罪を予測して捜査するチーム“ミハン”の活躍を描く。

最終話では、桜木は自らを死亡したと偽装し、違法に銃を入手していたことが発覚。東堂(伊藤淳史)は新たな危険人物として桜木の名前を挙げる。一体、彼女は誰を殺そうとしているのか?

捜査のためにベトナムに向かった井沢と山内(横山裕)は、桜木が殺害された事件を担当した元刑事のグエン(フォンチー)に接触。そこで、桜木は証券会社社員・谷口(斉藤佑介)を追っていたことが判明する。

過去、谷口は彼が務める証券会社の支店長とその娘・由紀子(桜井ユキ)を爆発物を使って殺そうとしていた。そんな谷口を射殺して食い止めたのが、井沢の妻の元同僚だった刑事・赤川(須田邦裕)だった。

だが事件後、赤川はホテルの屋上から転落死。その翌日、桜木も失踪していた…。

物語が進むにつれて、桜木とミハンの意外な接点やミハンに隠された真実、井沢の妻子が殺害された事件など、すべての謎が明らかになっていく。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161599/

あなたにおすすめ