駅のロッカーに乳児の遺体遺棄 逮捕された女に「色々考えられない」と怒号飛び交う

しらべぇ

2018/9/10 19:30


(kuppa_rock/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

埼玉県の東武東上線北坂戸駅のコインロッカーに乳児の遺体を遺棄したとして、職業不詳の女(35)が死体遺棄容疑で逮捕された。インターネット上では、「色々考えられない」と怒りの声が相次いでいる。

■女は「捨てるしかなかった」と供述


報道によると、逮捕された女が犯行に及んだのは8月25日ごろ。死産したとみられる乳児の遺体をバッグに入れ、同駅構内のコインロッカーに遺棄した疑いだ。

女は容疑を認め、「産んだら泣かなくて動かなかった。困って捨てるしかなかった」と話しているという。

女は独身で両親と暮らしていたが、25日以降は帰宅せず。防犯カメラの映像などからその行方を追っていた捜査員が、8日午後に同県川越市のスーパーで発見したとのことだ。

■逮捕された女への怒りの声


今回の報道を受け、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、「赤ちゃんの命を軽んじている」など逮捕された女への怒りの声が相次いだ。なかには、「どうして私のところに来てくれなかったんだろう」という嘆きの声も見られた。

「こういうニュースを見ると、不妊の私としては、赤ちゃんはなんでこんな女の腹に宿って私のところに来てくれないんだろう…と悲しくなる」

「いくら困っているからってロッカーに入れることないでしょう…。どうしてそんなひどいことができるのか」

「妊婦さんの間、病院にかかってなかったってことだよね。その時点で、この女にとって赤ちゃんの存在が軽いものだったんだよね」

■「助けを求めるべきだった」との声も


また、「困って捨てるしかなかった」と供述する女に対して、「もっと早くに『困った』と言うべきだった」などの意見もあがっている。

「人を捨てるって発想、ほんとにやめて。ネットでちょっと検索したら支援団体みたいなのけっこうあるから」

「同じ困るなら、もっと早い段階で困ってヘルプ出してほしかったよ」

「私もよく知らないけど、出産までのお金のサポートをしてくれる養子縁組団体もあるみたいね。斡旋って言い方はよくないけど、もっと広めて認められるべき制度だと思う」

その供述から、病院に行かず1人で出産をしたと思われる容疑者。なぜ病院に行かなかったのか、自力での出産をどのように行ったのか。いくつかの不審な点に対し、多くの人が「色々と考えられない」と疑問に思ったようだった。

・合わせて読みたい→女性自衛官が隊舎で出産し、自室に乳児遺体 悲しみの声と「3つの謎」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

あなたにおすすめ