『クィア・アイ』がエミー賞3冠獲得!ジョン・レジェンドは"EGOT"達成

海外ドラマNAVI

2018/9/10 19:00

現地時間の9月17日(月・祝)に行われる第70回プライムタイム・エミー賞の授賞式に先駆けて、製作や技術面において優れた番組に与えられるクリエイティブアーツ・エミー賞の受賞式が8日(土)と9日(日)の二日間にわたってロサンゼルスで開催され、米Bravoの大ヒットリアリティ番組『Queer Eye for the Straight Guy(原題)』のリブート版となるNetflixオリジナルシリーズ『クィア・アイ』が3部門に輝いた。

【関連コラム】イケメンのゲイ5人が人生を矯正!Netflix『クィア・アイ』を見て幸せな涙を流そう

『クィア・アイ』はセンス抜群のゲイ5人組が依頼人のヘアスタイルから、ファッションやインテリア、思考に至るまで、様々な分野についてアドバイスをし、人生を華やかにしてくれる感動のドキュメンタリーシリーズ。7月にシーズン3への更新も決定している人気作だ。

米ET Onlineによると、『クィア・アイ』はリアリティ・シリーズ部門の作品賞のほか、キャスティング賞と編集賞の3冠に輝いたとのこと。ノミネートが発表された7月、『クィア・アイ』でヘアスタイルを担当しているジョナサン・ヴァン・ネスは「ノミネートされただけでとても光栄だよ。僕らのことを広く知ってもらえたら、もう充分勝ったようなものだから」と喜びを語っていた。今回の受賞を受けて、インテリアデザイン担当のボビー・バークは自身のSNSに「やったよ!」とトロフィーを手にした写真を投稿。ファンからは祝福のメッセージが相次いだ。

また、演技賞のコメディ部門最優秀ゲスト女優賞はティファニー・ハディッシュ(『サタデー・ナイト・ライブ』)、最優秀ゲスト男優賞はカット・ウィリアムズ(『アトランタ』) が受賞。ドラマ部門の最優秀ゲスト女優賞をサミラ・ワイリー(『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』)、最優秀ゲスト男優賞をロン・セファス・ジョーンズ(『THIS IS US』)が受賞。計4つのトロフィーはすべて黒人俳優たちが獲得し、歴史的快挙と米Varietyをはじめ多くのメディアで報じられている。

『Jesus Christ Superstar Live in Concert(原題)』が作品賞を含む5部門を獲得したことで、人気R&Bシンガーのジョン・レジェンドはエミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞の四大アワードすべてでトロフィーを獲得し、"EGOT"を達成した。

第70回エミー賞授賞式は米ロサンゼルスにて9月17日(月)に開催され、日本ではFOXチャンネルにて9月18日(火)午前9:00より独占生中継される。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クィア・アイ』 
(C)Carin Baer/Netflix

あなたにおすすめ