フェミニンとかっこよさ、両方を表現できる大人バッグ

カフェグローブ

2018/9/10 18:15


ナターシャ・ラムゼイ=レヴィ「クロエ」のクリエイティブ・ディレクターに就任したのは2017年のこと。メゾンが培ってきた女性らしさに、ナターシャらしいモダンでシャープな要素が加わったファースト・コレクションがとても新鮮だったため、「次はどうなる?」と、2シーズン目となる2018-19年秋冬コレクションは、ファッショニスタの間で注目を集めていました。

ただフェミニンなだけで終わらせない


同コレクションで発表されたのが、新作バッグ「TESS」。ころんとした丸みを帯びたボディで、フラップ部分にはメゾンがフェミニンの象徴として採用してきた「O」を象った留め具が配されたデイバッグです。

ここにもナターシャらしいスパイスがきかせてあって、スムースレザーとスウェードの異素材をミックスさせ、ピリッとした大人らしい印象に仕上げられています。2種のストラップつきで、使い勝手も抜群。
20180830_chloe_1
「TESS」SMALL(W20.5×H17.5×D6cm)199,000円~、MEDIUM(W26.5×H22.5×D7cm)222,000円。写真は限定のポップアップ ブティック エクスクルーシブ(W20.5×H17.5×D6cm)228,000円(すべて税別)。

限定デザインが登場


同モデルの発売を記念し、関東と関西エリアではポップアップブティックを開催。ブラックやグレー、バーントブラウンなど落ち着いたアースカラーのラインナップが並ぶほか、ポップアップでは限定のパイソン型押しデザインも登場するのだとか。

この秋冬のキープリントの1つに、アニマル柄が挙げられます。なかでも今年らしいのが、カラフルなアニマル柄。秋のワードローブにぜひトレンドを取り入れたいところですが、パンチのある柄モノ服はコーディネートが難しいので、限定TESSのような小物によってスパイスとして加えてみてください。

クロエ


電話:03-4335-1750(クロエ カスタマーリレーションズ)※ポップアップブティックは伊勢丹新宿店本館1階=ハンドバッグ/プロモーションにて2018年9月12日(水)~18日(火)、大丸心斎橋北館1階イベントスペースにて9月26日(水)~10月9日(火)に開催。

クロエ

女性の管理職が増えないウラ事情、話しましょう/9月11日、入場無料!

企業風土と役職の関係、女性だからこそできること、女性だからこそ気をつけたいこと。女性管理職になるべきかならざるべきか、現職の管理職3名が語ります。
https://www.cafeglobe.com/2018/09/siw.html?test2018_01

クロエの名作はここで生まれた。クレア・ワイト・ケラーのパリオフィスを訪問 [The New York Times]

クロエのクリエイティブディレクターを務めたクレア・ワイト・ケラー。パリ8区のオフィスは、シンプルな中にも女性らしさが光ります。ニューヨーク・タイムズ...
https://www.cafeglobe.com/2018/01/066899nyt_chloe.html?test2018_01

あなたにおすすめ