「私の人生はガラッと変わってしまったけど」 事故で歩けなくなったアイドル、夢を叶える

grape

2018/9/10 16:33

人生というものは、いつ、どこで何が起こるか分かりません。

ある日突然、いままで歩んできた人生を一転させてしまう出来事が起こる可能性も、十分に考えられます。

アイドル『仮面女子』のメンバーである猪狩ともかさんも、思いがけない出来事で人生が急変した1人です。

出典:猪狩ともかオフィシャルブログ

2018年4月11日、強風によって巨大な看板の下敷きになった猪狩さんは、病院に搬送されICU(集中治療室)で手術を受けました。

瞼裂傷や頭部挫創、脚や肋骨、胸椎、腰椎の骨折といった大ケガを負ったものの、なんとか猪狩さんの命は助かりました。

しかし、脊髄損傷によって両足が動かなくなってしまったのです。

車いす生活になったことで、アイドルとしてステージで踊ることができなくなり、一時は絶望の淵に立たされた猪狩さん。

そんな中、仲間やファン、家族の応援によって、新たな人生の目標を持って強く生きることにしたといいます。

脊髄損傷で『車いすアイドル』になった猪狩ともか、始球式で渾身の1球

猪狩さんが抱いた新しい目標は、『仮面女子の曲を作詞すること』『ラジオや講演、司会などの仕事をすること』『大好きな野球に関わる仕事をすること』『いつか奇跡が起こり、再びアイドルとしてステージで踊ること』。

つらいリハビリを乗り越え、2018年8月26日にアイドルとして復帰を果たした猪狩さんは、夢に向かっていろいろな挑戦をしています。

そして、同年9月9日に行われた西武ライオンズ vs 千葉ロッテマリーンズ戦の始球式では、西部ドームで渾身の1球を披露しました。

今回の始球式からちょうど1年前の2017年9月8日、同球場で猪狩さんは始球式を務めました。

この1年間は、猪狩さんにとっていろいろなことが変わった期間であったに違いありません。

しかし、強い心を持って前を向き、こうして夢をつかむことができたのです。

メットライフドームで始球式という夢が叶いました。

あれから1年。
再び夢の舞台に立たせて頂きます。

このような機会をまた頂けたことを本当に幸せに思います。

わたしの人生はガラッと変わってしまいましたが、新たなスタートだと思って精一杯!渾身の1球を投げたいと思います!!
猪狩ともかオフィシャルブログ ーより引用今回の出来事を「新たなスタート」と称し、夢を叶えた嬉しさをつづった猪狩さん。

きっと、これからもたくさんの夢を叶え、上を目指して新たな目標を次々と立てていくことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ