未亡人に毎週届く、匿名のラブレター 差出人の正体に「素敵!」「心に刺さった」

grape

2018/9/10 16:48

創作漫画を投稿している、タラ(@TARA_vo0)さんの作品が話題になっています。

描かれているのは、早くに夫を亡くした女性と、若い男性の郵便配達員。女性は10年にわたって毎週届く、匿名の手紙を楽しみにしていました。

手紙につづってあるのは、愛と優しさが込められた温かい文章…つまり、女性へのラブレターなのです。

『奥様と(奥手な)郵便屋さん』

毎週届くラブレターの差出人は、郵便配達員でした。

10年間、心に秘めた想いを伝えることができず、ずっと匿名で手紙にしたためていた郵便配達員。

奥手な郵便配達員は、なかなか正体を明かすことができずにいるのでしょう。そして女性を含めた周囲の人は、彼が勇気を出す日を待っているようです。

漫画を読んで心温まった人たちからは、「2人が幸せになりますように」といった声が寄せられています。

いつかラブレターが匿名でなくなった時、女性は初めて返事を出すことができるでしょう。もしかすると手紙ではなく、想いを直接口にするかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ