反町隆史が原因?米倉涼子と松嶋菜々子が共演NGになったワケ!

アサ芸プラス

2018/9/10 15:20


 松嶋菜々子主演のスペシャルドラマ「誘拐法廷~セブンデイズ~」(テレビ朝日系)が、今秋に放送されることがわかった。同局で松嶋が主演を務めるのは初だという。

「本作は、韓国でヒットした映画『セブンデイズ』のリメイクドラマとなります。松嶋といえば過去、ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で視聴率40%という驚愕の数字を叩き出しましたが、2016年放送のドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)では、一時視聴率5%台と大爆死。以降もヒット作には恵まれていませんから、本人としても、ここで何とか巻き返したいところでしょう」(テレビ誌記者)

松嶋は今回のドラマで、敏腕弁護士を演じるという。だが、同局の弁護士ドラマといえば、10月から「ドクターX」に変わる米倉涼子主演のドラマとして「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)がスタートする。奇しくも同じ弁護士という職業を演じるわけだが、この2人は業界で共演NGになっている噂があるという。

「9月10日発売の『週刊現代』が、『2人は犬猿の仲』である可能性を報じています。それによると米倉が過去、松嶋の夫・反町隆史と映画『交渉人』で共演した際、急接近しているとの疑惑が一部であがったそう。これを聞いた松嶋は激怒したらしく、民放各局では2人が共演NGになったという噂が出回っているのだとか」(前出・テレビ誌記者)

この秋に放送される弁護士ドラマ対決は、はたしてどちらに軍配が上がるのか。その結果にも注目が集まりそうだ。

あなたにおすすめ