7週間に1週間休まないと減給! とある実験で驚きの結果が

カフェグローブ

2018/9/10 13:00


仕事ができる人ほど、休み上手。休むときはしっかり休んだ方が、仕事にもプラスになるというアドバイスを最近よく耳にします。

アメリカでも、あるスタートアップが“しっかり休む”実験を行ったそう。気になるその結果は……?

Business Insider Japanの記事をもとに、見てみましょう!
20180910_bi_holiday_1

創造性、幸福度、生産性ともにアップ!!


この会社とは、グローバルの航空業界向けにマーケティング戦略を提案するシンプリフライング(SimpliFlying)。小規模なスタートアップで、リモート社員も10名抱えているそうです。

実験では、7週間ごとに1週間の休暇を社員に強制的に取得させました。休暇中、職場との連絡は一切禁止。もしやぶった場合は、その週の給与はカットされるという徹底ぶりです。

実験結果は、ハーバード・ビジネスレビューに掲載されました。

12週間の実験の後、パスリチャ氏とニガム氏はマネージャーに社員の生産性、創造性、幸福度を評価させた。その結果、創造性は33%、幸福度は25%、生産性は13%、実験前より向上した。
Business Insider Japanより引用

ただ、やはり会社の規模にしては休暇が長すぎたため、他の社員がカバーするのが大変だったという反省点もありました。

1つ目は、7週間ごとに1週間休みは会社の規模からすると多すぎた。そのため、パスリチャ氏とニガム氏は、休暇を8週間ごとに1週間に調整した。

2つ目は、1つのチーム内で休暇を取得する人が続かないよう調整しなければならないこと。
Business Insider Japanより引用

他社の例をそっくりそのまま導入するのではなく、事業内容や規模によって微調整した方がいいようです。

無限に休暇取得できるとどうなる?


一方、ネットフリックス(Netflix)やツイッター(Twitter)のように、無制限の休暇を取れる完全自由裁量になると、現場の混乱を招いてしまう恐れも。

完全な自由とは、何もかも自分で決めなければならないことを意味します。それは、社員一人ひとりにとって負担が大きい環境。

多くの会社員は休暇の取得に慎重だ。休み明けに仕事が溜まっていることが心配なのか、それとも、自分が抱えている仕事ができるのは自分だけだと思っているからなのか。
また、ローラ・ローダー(Laura Roeder)氏がウィーワーク(WeWork)に寄稿したように、自由な休暇取得は複雑になりがち。適当な日数が誰にも分からないから。
Business Insider Japanより引用

ある程度制約がある組織の方が、安心して働くことができるというのはたしかに。

ほどほどに休むのが一番なのはよくわかっているけれど、その“ほどほど”が難しい。会社がそれを決めてくれると、社員は安心して仕事に打ち込むことができますよね。

Business Insider Japan

28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

「働きがいのある会社」に何度もランクインし、働き方改革のリーディングカンパニーとしても知られるサイボウズ株式会社。かつては離職率が高く、人が定着しな...
https://www.cafeglobe.com/2018/04/team_cybozu_1.html?test2018_01

頭を休めて体を動かす。成功する人の休日の過ごし方

仕事でベストなパフォーマンスを発揮するためには、休日の過ごし方も大切です。休日の限られた時間に効率的に充電できれば、仕事の質もアップするでしょう。 ...
https://www.cafeglobe.com/2017/09/064867business_insider.html?test2018_01

Image via Getty Images

あなたにおすすめ