ナスD「真冬の無人島で2泊3日0円生活」6時間完全版

ナスD”ことテレビ朝日プロデューサーの友寄隆英氏が挑み、昨年末にテレビ朝日系で放送された「真冬の無人島で2泊3日0円生活」(※バラエティ番組「陸海空 地球征服するなんて」にて)が、6時間の完全版スペシャルとして、AbemaTVでの放送が決定した。

この番組の地上波放送終了後、当初は番組の内容を収めた「0円DVD」を視聴者にプレゼントする予定だった。しかし、当選者2,018名に対し、応募総数は約11万6,000通。その結果、急遽当選者を2万5,000名に増やしたが、今回惜しくも当選にはずれてしまった人や、そもそも応募をし忘れてしまった視聴者のために、ナスDが見せた“超破天荒な無人島サバイバル”の全てを、6時間にわたり放送することが決定した。

ロケ開始前に、意気込みを聞かれたナスDは「もちろん。スイッチ入ってるよ」と覚悟を決めた様子を見せ、「1人で不安じゃないですか?」という質問には「全然です」と答え、「ただ、5人分やります。理想は、視聴者が見たら『あれっ? 5人いるな?』と思わせたいです。1人5役やる。命がけで死ぬギリギリじゃないと見せる理由がない。漁もやる、大工もやる、料理もやる。全部見せる、この16年」と力強くコメント。

そしてその言葉通り、ナスDは、無人島に漂着したペットボトルのドリンクを「賞味期限って当てにならないですよ」と番組スタッフの制止を無視して飲んだり、何度も漁師にスカウトされたほどの腕前を持つ素潜りで採った魚をそのまま海の中で食べてしまったり…と、その“破天荒”ぶりを炸裂。果たして、ナスDは無事に真冬の無人島で2泊3日の0円生活を終えることが出来るのか――。

スタッフも驚愕した、ナスDの“超破天荒な無人島サバイバル”の全容は、9月16日(日)夜6時から、AbemaTVにて放送。

あなたにおすすめ