元乃木坂46・市來アナ『黒歴史』を平然と明かして視聴者から批判が続出

まいじつ

2018/9/10 11:11


(C)JackF / PIXTA(ピクスタ)

9月9日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、新人2人を含む同局の女性アナウンサー4人がゲストとして登場。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の新MCを務めることになった元『乃木坂46』の市來玲奈アナウンサーも出演したが、乃木坂46ファンからは批判が相次いでいる。

市來アナウンサーは、新人が初めてのニュース読みに挑む『日テレNEWS24』の放送風景など、新人研修の様子を紹介。この日の放送では当初、アイドル出身であることには触れず番組が進行していったが、途中にMCの上田晋也が『乃木坂46』時代の話を振った。

番組では、市來アナウンサーが17歳当時、制服姿で乃木坂のコンサートに臨んでいたVTRを放送。白石麻衣、秋元真夏、高山一実ら当時の同僚とは「会社(日本テレビ)で会いました」と市來アナウンサーが明かすなど、アイドル時代の話に関してもオープンだった。

市來アナウンサーは乃木坂での活動以外にも、選手として社交ダンスにも励んでいたことを明かした。「日本代表選手として(世界大会に)派遣していただいたこともある」と市來アナウンサーが話すと、上田が「そんなに幅広く活動しているのは板東英二さんぐらいしかいないね」とツッコむ場面も。その後、市來アナウンサーはスタジオでダンスも披露し、観覧者から大きな拍手を浴びていた。

「社交ダンスの話をしていいの?」と視聴者指摘


視聴者は、市來アナウンサーが社交ダンスの話を持ち出したことに驚いていた。Twitter上では、市來玲奈は日本テレビに入局する前に、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)内で結成した社交ダンス部に参加していたことに触れる声が続出。同番組で市來は、「学業の都合」といって突如降板した経緯がある。学業が理由とはいえ、辞退するタイミングが急だったため、当時は市來に非難が続出することに。そのため、このことは市來玲奈の黒歴史になっているはずだった。

ネット上ででは、市來アナウンサーに対して

《金スマの社交ダンス放り投げたクソっていうイメージが強い。それでもテレビで社交ダンスやるんだ》
《社交ダンス放り投げた無責任な方ってイメージしかない》
《市來さん、金スマ社交ダンスの謝罪はないの?》
《中居くんの番組に泥を塗ったことは今でも忘れていないからな》

などと、批判する声が相次いだ。

入局前からすでに1つ大きな黒歴史を持っている市來アナウンサー。この先の活躍で、批判を吹き飛ばしてほしい。

あなたにおすすめ