伊原六花の連続ドラマ&映画初主演が決定!「明治東亰恋伽」が実写化

ザテレビジョン

2018/9/10 10:53

伊原六花が、連続ドラマ、映画で初主演を務める「明治東亰恋伽」の製作が明らかになった。

原作は、2011年に携帯アプリ配信版からスタートし、その後もプレイステーション・ポータブル版や続編を発売。累計プレイヤー30万人以上を誇る、明治の偉人たちとの出会いと恋を描くタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム。2019年1月からはテレビアニメの放送もスタートする。

主人公・綾月芽衣を演じるのは2017年に日本高校ダンス部選手権大会(ダンススタジアム)で、荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて“バブリーダンス”を披露し、準優勝して話題となった大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン・伊原。高校卒業後に芸能界デビューし、現在放送中のドラマ「チア☆ダン」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)で女優デビュー。今回が初の連続ドラマ&映画初主演となる。

本作は9月中旬、愛知・犬山にある明治建築を保存展示する野外博物館「博物館明治村」でクランクイン予定。ドラマはテレビ神奈川、北海道テレビ、テレビ埼玉、千葉テレビ、メ~テレ、KBS京都、サンテレビ、九州朝日放送の全国8局で全8話にて、2019年に放送予定。動画配信サービス・U-NEXTで放送と同時配信を予定している。映画版は、ドラマ放送後に同年公開予定。

■ 伊原六花のコメント

今回初の主演として、『明治東亰恋伽』のドラマ、映画に出演させていただけるすてきな機会をいただけたことを、とてもうれしく思います。

原作のファンの方にも、初めて知ってくださる方にも愛していただけるよう原作のイメージを大切にし、見てくださった方が芽衣ちゃんの立場で一緒に物語が動き出すよう寄り添えたらなと思います。

すてきなキャストの皆さんとご一緒できるので、たくさん勉強し、吸収して、芽衣ちゃんと一緒にさらに成長できるよう頑張ります。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161510/

あなたにおすすめ