いつも恋がツライのは「考え方」のせい!?恋を楽しむコツ

ハウコレ

2018/9/10 11:00



好きな人や交際中の彼氏のことを何時間も悩んだり、答えの出ない問いをし続けたり、いつも考えすぎて苦しんでいる人っていますよね。ネガティブに考えすぎて心配性になり、不安が頭から消えずに神経質になってしまう人は、何かに執着するという特徴があります。いくつかのパターンから共通する考え方の特徴を見ていきましょう。

■パターン1:彼を束縛してしまう
大好きな彼氏がいつも何をしているのか気にして、監視するように束縛してしまうのは、彼を見張っていないと彼が去ってしまうと感じるからです。束縛の裏にあるのは、彼を失う不安。

もし何があっても彼が離れないとわかっていたら、彼のことを縛ろうとはしませんよね。自分自身では「彼を愛するがゆえの行動」と肯定しているかもしれませんが、彼に好かれ続ける自信がなく、いつか彼が離れてしまうのではないかと不安な気持ちが、執着につながっています。

■パターン2:彼になかなか会えなくて、待ってばかり
彼の仕事が忙しく、デートもできず、連絡もなく、その間に彼のことばかり待っている状態。それはあなたが大事にされていないのに、そのことに気づきたくないからではありませんか?

会えないのは仕方ないと無理に自分を納得させてしまう気持ちの裏には、「私は愛される人じゃない」という自己否定の気持ちが隠れているからです。

彼の仕事が忙しくても、彼女のことを不安にさせない人もいます。「私は愛されていい人なんだ」と自分への価値を高めることによって、その人との縁が自然に切れて、別の人とのご縁が繋がることもあります。

■まずはネガティブな執着に気づく!
しんどい恋愛ばかり繰り返してしまうのは、心の中に握りしめた執着心の存在があるからです。自分の中の隠れた執着心とうまく付き合うためには、まずその執着心に気づくことです。「今、執着してる」という事実に気づくことから、解決していきます。

声に出して「そのくらい不安だよね」と自分自身に声をかけてあげると、気持ちが落ち着いてきますよ。

■執着している私を受け止める
執着している自分に気づいたら、その部分も自分の一部だと受け止めてみましょう。彼のことばかり考えてしまう時には「〇〇くんのことが好き。好きでいることが幸せ」と自分の気持ちを認めてあげます。口には出さなくても、頭の中でつぶやいてみるだけで、その事実を簡単に受け止めることができます。

もし「自分のものにしたい!」という強い執着心が生まれても、深呼吸をしたあと「〇〇くんが好き」といったシンプルな思いに捉え直すと、気持ちが落ち着きます。

■執着心から、ポジティブな感謝に変える
ネガティブな執着心を認め、自分自身の気持ちの一部だと受け止めることを繰り返していくうちに、「彼と出会えてよかった」と感謝の気持ちが湧いてきます。執着するほど大好きな存在だったとポジティブな気持ちに変わる頃には、苦しい気持ちから温かなものへと捉え方が変化しています。

■気持ちを縛り付けているのは、自分自身
苦しい恋愛ばかりしてしまうのは、実はあなた自身の考え方にあります。気持ちを楽にほぐしてあげる練習を繰り返していくことによって、強くネガティブなエネルギーが良い方向に変わっていきます。練習次第で簡単にできるので、辛い恋ばかりしている人はぜひ試してみてくださいね。(番長みるく/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ