元乃木坂46市來玲奈アナ、今も続くメンバーとの絆を告白

ザテレビジョン

2018/9/10 09:25

9月9日に放送された「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に、日本テレビの市來玲奈アナ、岩田絵里奈アナ、豊田順子アナ、井田由美アナが登場。アナウンサーになる前に乃木坂46のメンバーだった新人・市來アナが、今も変わらないメンバーとの絆を披露する一幕があった。

高校1年生の時に乃木坂46の一期生として加入し、大学1年生で卒業したという市來アナ。

MCの上田晋也から乃木坂46を卒業した理由を問われたところ、市來アナは「大学の試験と重なってしまって成績が落ちてきていたので、自分の中で1回けじめをつけないとダメだなって。本当に悩んだんですけど」と当時の心境を告白。

上田からは「じゃあ、乃木坂は高校の部活感覚だったんだ?」とツッコまれるが、「そんなことないです! 私にとっては本当に青春でした」と首を横に振りながら必死に否定していた。

「アナウンサーになった後、乃木坂の人と一緒になったり会ったりとかあったの?」という質問には「会社で会いました! 白石麻衣、秋元真夏、高山一実とかみんなと結構会って、たまに連絡とかとって元気にしてる~っていうのをしていたので実際に会うとうれしいですね」と笑顔。

その後、番組後半で市來アナは得意の社交ダンスを披露。SNSでは「久しぶりにダンス見た!」「やっぱり可愛い!」などと、乃木坂時代から応援しているファンからの温かいコメントであふれていた。

次回の「おしゃれイズム」には、丸山桂里奈、村上佳菜子が登場予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161421/

あなたにおすすめ