超特急、シャッフルユニットの詳細発表 シーサー☆ボーイズVS座・武士道が対決

モデルプレス

2018/9/10 08:00

【超特急/モデルプレス=9月10日】メインダンサー&バックボーカルグループの超特急が、3rdアルバム『GOLDEN EPOCH』(11月14日発売)のFC盤A・Bの2種で二手に分かれて結成するシッフルユニットの詳細を発表した。

◆カイ・リョウガ・ユーキの“シーサー☆ボーイズ”



1つ目のユニットは、カイ、リョウガ、ユーキによる“シーサー☆ボーイズ”。リーダはリョウガ。ユニット名が表すとおり、楽曲は沖縄民謡をモチーフにしているそうで、超特急としては未だ足を踏み入れたことのない領域への進出となる。

◆シーサー☆ボーイズ コメント



【2号車 カイ】
3人でつくっていくうちに絶対負けたくないという気持ちがどんどん強くなっていきました。もう1つのチームの情報は何も知らないのでどんな風になっているのか正直言うとすごく楽しみですが、シーサー☆ボーイズの全力を皆さんにみていただけたらと思います。仕上がりを楽しみにしていてください!

【3号車 リョウガ】
僕達シーサー☆ボーイズは沖縄の魂も乗せて戦います。負けるわけにはいきません。そして僕が不運な事にリーダーという事で…。まぁ、“不運”というのは「相手チームからして」なのですがね☆目指すは完璧な勝利ッ!

【5号車 ユーキ】
リーダーのリョウガが率いるカイとユーキの3人組の「シーサー☆ボーイズ」として沖縄の曲をテーマに僕たちが一から全てを制作しました!最初は何が何だかわからなかったのですが、歌詞をリョウガが担当し、その仕上がりを見た瞬間からスイッチがバッチリ入ったのを覚えています!

気付けばカイは衣装制作、僕は振り付けとMusic Videoを担当してそれぞれの役割を全力で全うして気付けばとても愛着のある一曲になりました!それと同時にかなりBチーム(座・武士道)のリーダータカシ率いるタクヤ・ユースケのチームには負けたくないという気持ちが日に日に増しています。披露できることを想像しながらチーム一丸となって制作した「インオキナワ」に清き一票をお願いします。

◆タクヤ・ユースケ・タカシの“座・武士道”



もう一方のユニットは、タクヤ、ユースケ、リーダー・タカシによる“座・武士道”で、挑むのは“ザ・歌謡曲”。“武士道”と言うからにはタダの歌謡曲なわけはなく、俳優としてのキャリアも豊富な彼らならではの顔を見せてる。

■座・武士道コメント



【4号車 タクヤ】
この3人にしかできないスペシャルなユニットの完成ですビジュアル、曲、MV全てがぶっ飛んでいる半端ない姿を目に焼き付けてくださいませ。

【6号車 ユースケ】
座・武士道のユースケです!リーダーのタカシを筆頭にタクヤと力を合わせ、三人で沖縄民謡チームと戦います!自分は、作詞を主に担当させいただきました!楽しみにしていてほしいです!

【7号車 タカシ】
超特急の中でも熱血気質な2人を集めました。“座・武士道”のリーダーとして、ここで負けるわけにはいきません、正々堂々と挑みます。我が道を、いや武士道をこの3人で突っ走って行きたいと思っています!!

◆敗者は“楽曲封印”



2チームは、ビジュアルイメージから衣装、ユニット名、作詞、振りつけ、MVと全てをメンバーそれぞれが考案し、試行錯誤しながら曲を制作。その模様は『GOLDEN BATTLE』のタイトルで番組化し、順次更新されていく。

しかし、それぞれの『GOLDEN BATTLE』の全容と完成したMVは、アルバム付属のBlu-rayに収められ、シーサー☆ボーイズはFC盤-A、座・武士道はFC盤-Bのみそれぞれ収録。

さらに、アルバムのジャケットもFC盤-Aは“シーサー☆ボーイズ”、FC盤-Bは“座・武士道”が主体という完全なるバトル形式になっており、実際にファン投票も実施。勝利したユニットは11月23日に都内で開催されるユニット企画イベントで楽曲を生披露できるが、敗れたユニットには楽曲封印という罰ゲームが待っている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ