ひょっこりはん、小島よしおも参入!アーティストが続々参入する絵本市場


大人絵本ブーム、大人からの絵本人気が急上昇している背景もあってか、昨今、有名人やアーティストの絵本参入が相次いでおります。

アーティストとして様々な分野で活躍中の木村カエラ様、DAIGO様の絵本参入も話題になっておりましたが、特に顕著なのが、お笑い芸人業界でございます。この夏だけでも7月に、キッズ向けライブを年間100本以上開催!子どもからの圧倒的人気を誇る小島よしお様が「ぱちょ~ん」(ワニブックス)で絵本作家デビュー。8月には、ひょっこりはん様も「ひょっこりはんをさがせ!」で絵本作家デビューいたしております。

そんななか、今回注目させて頂きたいのが漫画家業界でございます。漫画界からの参入もハンパないって!なのでごあいます。「鉄コン筋クリート」「ピンポン」で有名な松本大洋様は、去年、詩人の母親、くどうなおこ様と『「いる」じゃん』という絵本を出版、話題になりました。

さらに、女性に人気の漫画家、高野文子様は「しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん」で、MOE絵本屋さん大賞にも入賞しております。
月刊 MOE(モエ) 2018年2月号 (2017年12月28日発売)
Fujisan.co.jpより
さらに、「バカドリル」で有名なシュール系ギャグ漫画家のタナカカツキ様、不条理ギャグ漫画の先駆者、吉田戦車様、ギャグ漫画好きには「神」的な存在の漫画家、長尾謙一郎様も参入されております。

ここ数年の漫画界から絵本界への参入は、昨今の大人絵本ブーム、大人の読者層を狙ったものかと思われますが…実は、漫画界からの参入の歴史は古く、大御所絵本作家である「11ぴきのねこ」シリーズの馬場のぼる様、さらに、マツコ・デラックス様も絶賛の絵本作家、長新太様も漫画家出身なのでございます。漫画と絵本には親和性があるかも、なのでございます。

ちなみに、伝説の漫画雑誌「ガロ」の流れをくむ漫画雑誌「アックス」の最新号Vol.124(8月25日発売)は、巻頭にて「アックス発!! 絵本作家特集」を掲載しておりますので、漫画と絵本の関係に興味のある方は是非…。「この人も絵本を描いていたんだぁ」という発見もあるかもでございます。
アックス 第124号 「アックス」発!! 絵本作家特集
Amazon.co.jpより
もうすぐ芸術の秋、読書の秋でございます。漫画ファンの方、そうでない方も、様々なジャンルのクリエイターが参入する絵本の世界をご体験くださいませ。

(文:N田N昌)

あなたにおすすめ