AKIRA、NYラルフローレンイベントでトリの大役 直々にランウェイオファー


EXILE、EXILE THE SECONDのAKIRAが7日、米・ニューヨークのセントラルパークで行われたアメリカのファッション・ブランド「ラルフローレン」の創設50周年記念イベントで、自身初となるランウェイを歩いた。

同ブランドのアンバサダーを務めるAKIRA。当初はゲスト招待され渡米したが、イベントの2日前にブランド創設者で、アメリカンスタイルを築き上げた巨匠ラルフ・ローレン氏(78)の元を訪れると、直々にランウェイの出演オファーを受けた。

世界的なブランドが集うファッションの祭典、ニューヨーク・ファッションウィークで開催されたイベントでは、アメリカを代表するブランドの創設半世紀を祝して、ファッション業界のみならず、名立たる著名人やVIPゲストが来場。元ファーストレディで政治家のヒラリー・クリントンや、米『ヴォーグ』編集長のアナ・ウィンター、巨匠・スティーヴン・スピルバーグなどのVIPゲストをはじめ、ロバート・デ・ニーロやアン・ハサウェイなど豪華ハリウッドスターや、シェリル・クロウ、カニエ・ウエストなど、グラミー賞アーティストらが顔を並べるなか、AKIRAは堂々たるウォーキングを披露し、150人を超えるモデルが登場したショーでトリを飾った。

LDHが2017年にアメリカ、ヨーロッパ、アジアに拠点を設け、世界展開が本格化している。AKIRAは、俳優としてハリウッド進出や、ラルフローレンのアンバサダーとして、アメリカを中心に個人活動を行っているが、イベントでも豪華ゲスト陣と並び存在感を発揮し、ラルフローレンの記念祭に華を添えた。

あなたにおすすめ