広瀬すず、コメディ初挑戦 映画『一度死んでみた(仮)』に主演

クランクイン!

2018/9/10 05:00

 女優の広瀬すずが、映画『一度死んでみた(仮) 』で主演を務め、コメディに初挑戦することが発表された。堤真一扮する父親のことが大嫌いな女子大生を演じる広瀬は「きっともの凄くファンキーな映画になると思いますので、ぜひお楽しみに!!」と意欲を示している。

【写真】花冠が似合う広瀬すず

本作は映画『ジャッジ!』や『犬と私の10の約束』などの映画脚本で知られる澤本嘉光によるオリジナル作品で、au/KDDIのCM「au三太郎」シリーズで知られる浜崎慎治が初めて映画のメガホンを取る。劇中では、父のことが死ぬほど嫌いな女子大生・野畑七瀬(広瀬)と、製薬会社の社長で、会社で偶然出来上がった「少しだけ死ぬ薬」で死んで“おばけ”になってしまった父親・計(堤)を巡って巻き起こる騒動を描く。

コメディ初挑戦となる広瀬は「コメディ作品にずっと憧れがあったので、今回挑戦させて頂けると聞いて楽しみではありますが、面白くできるかどうか、楽しめる余裕があるか不安です。キャストの皆様もとにかく濃厚な方ばかりですし、もう、必死についていきたいと思います」とコメント。七瀬役の決めポーズが、人差し指を立てる仕草であることに触れ、「普段、中々自分自身で人差し指を立てることがないので、役作りとして、毎日撮影前に人差し指を立て、気持ちをあげる練習をしたいと思います(笑)」と意気込みを語った。

一方の堤は「今回お話をいただいて、まず脚本を拝読したのですが、とにかく面白かった!」としたうえで「“一度死んでみる”という奇抜な設定、軽快なテンポの会話劇、笑えて泣ける父娘のドラマ。野畑計という男を演じるなら? と想像しながら読み入ってしまいました」とストーリーを絶賛。「そしてTVCMでご一緒してきた浜崎監督の初映画監督作と知って、出演させていただくことを決めました。独特の世界観をおもちの浜崎監督と、どんな父親像をつくれるか、是非ご期待ください!!」と語っている。

なお本作には、野畑製薬秘書室・松岡卓役で吉沢亮も出演する。

映画『一度死んでみた(仮)』は2020年全国公開。

あなたにおすすめ