『MステウルトラFES』L.A.Vが出演決定、感極まって涙「三浦大知さんに会ってみたい」

ミュージックステーション』が開催する超大型音楽プログラム『ミュージックステーションウルトラFES2018』(9月17日、12:00~21:48)への出演権1枠をかけて行われたダンスオーディション企画「Mステへの階段ウルトラオーディション」最終審査が9日、都内で行われ、アマチュアダンスグループのL.A.Vが出演権を獲得した。

書類および動画・書類審査の1次、一般ユーザーによるWeb投票の2次審査をくぐり抜けた10組がスタジオで生パフォーマンスを披露。タレントや振付師で活躍しているパパイヤ鈴木、KABA.ちゃん、SHOTA、AKOが審査員として総合的にジャッジを行った。そして、選ばれたファイナリストから、視聴者参加の投票機能と審査員得点で出演権が争われ、小学生から専門学生までの幅広いメンバーで構成されるL.A.Vが、大好きだという三浦大知の「EXCITE」を課題曲に見事なダンスを披露し、出演権を射止めた。

放送後に、審査員のパパイヤ鈴木と共に取材に応じたL.A.Vのメンバーは感極まって号泣。メンバーの1人、太田歩花さんは「嬉しいです。見ている人にエキサイトな気持ちが伝わるよう、みんな一致団結して頑張りました」と声を震わせ、出演権獲得の喜びをまず「ダンスの先生に伝えたい」とコメント。「自分がダンスを始めるきっかけをくれた先生であり、自分のお母さんのような存在。まずは先生にこの結果を報告したい」としみじみ。

今後の目標を問われると、BIGBANGの大ファンだと明かし「将来、バックダンサーになれたらいいな」と照れくさそうにコメント。Mステ出演を決め、「三浦大知さんやタモリさんに会ってみたい」と声を弾ませた。ちなみにメンバーは全員で20人。最年少の11歳・三谷采来さんは、マイクを向けられると号泣。「みんなとここに来れたことが本当に嬉しい。(Mステ出演)本番は見てくださる人にエキサイトしている気持ちが伝えられたら」と喜びの声を語った。

メンバーの涙に審査委員長のパパイヤももらい泣き。「笑顔も素敵、トータルバランスがすごくいいグループだった。視聴者目線で見て、とても楽しいダンスをやっていた」と絶賛。「プロのダンサーとしてやっていけるスキルはある」と彼女たちの将来にも触れ、「近い将来、(どこかの現場でプロダンサーとして会って)ミュージックステーションで会ったL.A.Vのメンバーだった者ですっていうような機会きかいもあればいいなと思います」と話していた。

あなたにおすすめ