介護スタッフの女、寝たきりの患者の自宅を物色する姿が監視カメラに(英)

自宅での介護を他人から受けるとなると、双方の信頼関係がなによりも大切だ。しかしこのほど、それを大きく裏切られる出来事が起こった。介護スタッフの女が、患者宅を物色し窃盗を働いていたのである。『Metro』などが伝えた。

英北西部のマージーサイド州ウールストンに暮らすアニータ・ドゥビーク・アシュトンさん(49歳)は、多発性硬化症を患いベッドで寝たきりの生活を強いられている。そこで介護スタッフとしてクレア・ジョーンズ(42歳)がやって来たのだが、この女は介護をするどころかとんだ窃盗犯だった。

クレアはアニータさんが寝たきりで動けないのをいいことに、台所を物色しプラスチック袋に盗んだ食料品を詰め込んで自分の上着で袋を隠して持ち帰っていた他、置いてあった現金も盗んでいた。家の中から物が度々消えていることに気付いたアニータさんの夫スティーヴさん(52歳)は、自分の子供たちが来た時に勝手に持ち帰っているのかと疑い、大きなストレスを抱えていた。

しかし、そうではないことを確信したスティーヴさんはクレアを怪しみ、自宅内に隠しカメラを設置した。仕事用のバッグが置いてある場所に隠しカメラを設置したラップトップを置き、通常銀行から供給される小銭を入れるための小さなビニール袋に2ポンド(約290円)を入れ、バッグのポケットにも5ポンド札(約720円)を故意に忍ばせておいた。

その日の夜になり録画された映像を見てみると、クレアがスティーヴさんのバッグを探っている姿が映っていた。最初、クレアは何も盗まなかったようだが、再び戻ってくるとバッグに手を伸ばし、中に入っていたお金を盗み出した。当然、ビニール袋の2ポンドも盗んだ。更には台所を物色し13ポンド(約1,900円)相当の食料品を勝手に持ち帰った。

この映像が決定的な証拠となりスティーヴさんは警察に通報、クレアは逮捕された。3件の窃盗を認めたクレアだったが、9月4日にワーリントン治安裁判所で行われた裁判でクレアの弁護士は「被告は自分の行いを最低だと思っている。自らの品位を下げたことを自覚している」と述べたことに対し、ブリジット・ナイト判事は「被告は被害者の信頼を大きく裏切った。被害者は今後、他の介護スタッフに対しても信用することに恐怖を感じている」と糾弾した。しかし結果的に、クレアには罰金や裁判所費用などを含む750ポンド(約11万円)の支払い命令および250時間の無収入労働、12か月間の執行猶予付き26週の有罪判決が下ったのみで、実刑が科せられることはなかった。

この判決を聞いたスティーヴさんは「信頼されるべき介護スタッフが、こんなふうにバッグやあちこちを物色するなんて、許し難い行為です」と怒りを露わにしている。このニュースを知った人からは、「判決が甘いよね」「この犯人の女って、最低な人生を送ってるな」「疑われた子供たちも気の毒だ」「気の毒で悲しいけど、こういう介護スタッフっているのよね…」「やっぱり隠しカメラを設置しておかないと、何をしているかわからないからカメラの設置は重要だな」「恥を知れ!」といった声があがっている。

画像は『Metro 2018年9月7日付「Carer caught stealing from bed-ridden mother on secret cameras」(SWNS)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ