自分から好きになる恋・相手から好かれる恋……どっちが幸せ?

カナウ

2018/9/9 21:00


自分から好きになる恋・相手から好かれる恋……どっちが幸せ?

こんにちは、沙木貴咲です。恋の始まりは、だいたい片思い。そこから好きな人にアプローチして両思いになり、交際がスタートするものです。ただ、「自分から好きになるパターン」と「相手から好かれるパターン」、どっちが幸せなんでしょうか?

大好きな人に振り向いてもらえる喜び


自分から好きになるパターンでは、自分の想いが通じて両思いになれることが、何よりもうれしいはず。ずっと一方的に見つめ続けて、憧れの存在と見ていた人が、自分に熱い視線を向けてくれると、たまらない気持ちになるでしょう。

また、好きな人への愛情や尊敬心が強いほど、恋人同士になれば自信がつくはず。「彼のようなステキな男性の彼女になれる私ってスゴイ!」と、自意識がグンと高まっていきます。

特に、人気者キャラや高嶺の花と見られるタイプを射止めたなら、自意識が高まるだけでなく、周囲からの印象も変わるかもしれません。「○○さんの彼女」と、嫉妬もあるでしょうが、羨望のまなざしを送られるようになるでしょう。

自分から好きになる恋のデメリット


恋愛感情は時間が経過するに従い、薄れていくもの。自分から好きになる恋は、交際が決まった時点でピークを迎えるので、そこからいかにダレずに交際を続けるかが大事です。

というのも、人間誰しも欠点は持つもので、彼だって完璧なわけではありません。意外な短所を目の当たりにしたとき、「こんなはずじゃなかったのに!」と気持ちが一気に冷める可能性だってあります。

自分から好きになるパターンでは、恋人同士になってからが正念場だといえるでしょう。

ひたすら愛される喜び


男性から「好きです」と告白され、求められることで始まる恋は、完全に受け身でも幸せを堪能できます。彼氏は自分に夢中ですし、最高の彼女と信じているので、心移りや浮気、裏切りの心配がまったくいらないのです。

それほどがんばらなくても、ちょっとした気遣いにも彼は喜んでくれて、何かを無理強いするようなことも絶対にしません。彼女がいつも笑顔でいられるよう、彼氏は一生懸命に努力するでしょう。

そんな、ひたすら愛され、大切にされる『お姫さま』状態を、幸せと言わずして何を幸せと呼ぶのでしょう?

女性であれば、男性から一途に愛され、求められる恋を楽しみたいものです。

相手から好かれる恋の落とし穴


『自分から好きになる恋』でデメリットとして述べた内容が、相手から好かれる恋では落とし穴となります。

ひたすら愛してくれた彼氏が、あなたの思いがけない欠点を見つけて失望してしまったら……? 気持ちが冷めてしまったら、一方的に大切にされる関係は壊れていくでしょう。

そのため、「私は愛されてるし」と少しでも慢心を抱いたなら、お姫さま気分ではいられなくなるかもしれません。

相手から好かれる恋だとしても、「愛してくれてありがとう」と感謝する気持ちは示すべきですし、同じだけの想いをわかりやすくお返しすることも大事。

傲慢で上から目線のプリンセスになれば、彼氏のあたたかな愛情を失う可能性があります。

どっちの恋も楽しい!


自分から好きになるにしても、相手から好かれるにしても、恋愛はとても楽しいもの!

どっちにも大きな喜びがあって、デメリットや落とし穴があるため、どっちがより幸せになれるという法則はありません。

もし、「私は愛されたい派」と決めつけているなら、もったいないかも……。いろんなスタイルの恋愛を積極的に楽しんでみては?

(沙木貴咲/ライター)

あなたにおすすめ