<半分、青い。>永野芽郁が“大粒の涙”「いろんなこと思い出して」星野源の“生歌”に思い溢れる

9月4日に放送された音楽番組「うたコン」(NHK総合)に、女優の永野芽郁がゲスト出演。自身がヒロインを演じる連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)の撮影秘話を明かした。

■ 永野&星野は「真田丸」で共演

この日、「うたコン」は拡大版で、東京・渋谷のNHKホールから「“半分、青い。”と昭和歌謡!“朝ドラ”名曲SP」を生放送。「半分、青い。」からは主題歌を担当する星野源が登場。さらに、ドラマに登場したヒット曲の中から、石川さゆりが「津軽海峡・冬景色」を、森山良子が「この広い野原いっぱい」を披露した。また、HYと平原綾香は、朝ドラ主題歌になった自身のヒット曲を披露。“朝ドラ”にまつわる名曲が取り上げられた。

冒頭、星野と並んで登場した永野は「楽しみ過ぎてやばいです!」と興奮の面持ち。

NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年、NHK総合ほか)では星野が徳川秀忠役、永野がその娘・千姫役で共演も果たしているが、共演シーンはほとんどなかったよう。当時の星野の印象を聞かれた永野は「その時ドラマ(「逃げるは恥だが役に立つ」)もやってらして、ものすごく忙しくされてたんで、勝手に体調心配してました」と当時を振り返った。

■ 星野、イメージ通りのOP映像に「すごくうれしかった」

星野が歌う「アイデア」は、「半分、青い。」の主題歌。ドラマのオープニングでは、曲とともに永野演じるヒロイン・楡野鈴愛が青空のもと、ピンクやオレンジ、水色のリボンを掲げ、白いスニーカーを履いて駆け抜ける映像が毎日流れている。

自身の曲がオープニング映像に載った瞬間の感想を聞かれ、星野は「“朝ドラ”の曲のイメージってゆったりしてるのが多いなと思っていたんで、僕は早くて楽しくて、オープニング映像で主人公が走っちゃうみたいな、そういうのをイメ―ジしてたんですよ。そしたら、本当に(鈴愛が)走ってて。すごくうれしかったですね」と、イメージぴったりのOP映像だったことを明かした。

一方永野は、そのオープニング映像を撮影した際の裏話を披露。

映像では半そでシャツにハーフ丈パンツ姿の永野だが、「(撮影は)大変だったんです。ものすごく寒くて…。1月に撮影してるんですよ。なので、何度も何度も走って足が凍りそうでした」と、極寒の中軽装で撮影に臨んだ苦労をにじませた。

■ 永野芽郁「いろんなことを思い出して…」と涙

その後、星野は「アイデア」をフルコーラスで披露。曲が終わると、歌唱中から大粒の涙をこぼしていた永野に「本当にお疲れさまでした、芽郁ちゃん!」とねぎらいの言葉をかける一幕も。

星野の歌唱が終わった後も、永野はまだ感動冷めやらぬ様子。「あの、いろんなことを思い出して、感動しました」と感極まり、また涙を一筋。

MCの谷原章介からハンカチを渡されると「優しい…」とほほ笑み、「源さんの毎朝聞ける歌もそうですし、これから律と鈴愛がいろいろ展開していくこともそうだったり、鈴愛の人生がまだどんどん進んでいくので、最後まで温かく見守っていただけたら嬉しいなと思います」と視聴者にメッセージを贈った。

星野の歌を聴きながら感極まる永野の姿に、視聴者からは「めちゃめちゃ感動した」「鈴愛ちゃんの涙すごくキレイだった」「源さんも気合い入ってた。最高だった」といった感動の声が上がっている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161024/

あなたにおすすめ