サンゴ礁荒らしのヒトデを駆逐するロボットが超優秀

180907_cotsbot
Image: TNW via Queensland University of Technology

ヒトデ殺しのたのもしいターミネーターが登場!

スキューバ・ダイビングの名所として有名な、オーストラリアのユネスコ世界遺産グレート・バリア・リーフ。いまここでは、オニヒトデがサンゴを食い荒らしているせいで、サンゴ礁が瀕死の状態なのだそうです。

かつては水質汚染や気候変動などでも危機に瀕したこの海ですが、オニヒトデは自然界が起こした新たな脅威なのです。

原因と対策は?


オニヒトデにも天敵はいます。それはオニヒトデをエサとするホラガイ。ですがこの海はホラガイの減少により、オニヒトデが大量に繁殖してしまったのです。

その対策として、2015年にクイーンズランド工科大学で作られたのがオニヒトデ駆逐ロボットの「COTSbot」(Crown-Of-Thorns-Starfish Robot)。この水中無人機が99%の精度でヒトデたちを検知し、皮膚をふくらませる化学的混合物を注射して殺すのです。下の動画の5分45秒あたりからCOTSbotがヒトデを攻撃している様子が見られます。



容赦なく注射器を打ち込んでいますね。

監視ロボも開発される


クイーンズランド工科大学のチームはそれだけにとどまらず、海の監視の役割をする「RangerBot」というロボットを開発しました。ヒトデの数をコントロールするだけでなく、サンゴ礁の全体的な健康状態や、成長状態を把握することができるのです。

RangerBotは重量15kgで全長75cm、そして1日8時間も潜水できるタフなヤツ。操縦はタブレット端末で行ないます。使い方をマスターするのにかかるのは、たったの15分。これはUIの簡略化に力を入れ、子供でも使えるように精錬させた結果です。

開発を牽引したマシュー・ドゥナビン教授いわく、このロボットたちの活躍はまだまだこれからとのこと。他の分野でも活用の幅を広げて、ハードもソフトもどんどん更新していきたいと話しています。


一応オニヒトデだって生態系には必要な生き物かと思われます。大繁殖するから環境破壊になるのであって、ちゃんと監視していれば問題はないことでしょう。とはいえヒトデたちにとっては、監視されて増えたら殺されるディストピアには違いありませんよね。しかし減少したホラガイはいったいどこに行っちゃったんでしょうか…?

Source: TNW

あなたにおすすめ