【新車】フィアット500が大画面化された車載インフォテイメントシステム「Uconnect」を全車に標準化

clicccar

2018/9/9 16:03


以前お伝えしたアバルト500に続いて「フィアット500」も一部改良を受け、最新の車載インフォテイメントシステム「Uconnect(ユーコネクト)」が搭載されました。なお、2018年9月15日(土)から発売されます。

今回の改良で、フィアット500シリーズ全車に搭載される「Uconnect」は、「Apple CarPlay」「Android Auto」の両方に対応する最新型。スマホ連携機能が強化されたほか、スマホ内のアプリやコンテンツを「Uconnect」ディスプレイ内で確認、操作することが可能になります。

具体的には、地図アプリによるナビを利用したり、お気に入りの音楽アプリを車内で聞いたり、ハンズフリー通話といった機能をスマホと接続するだけで、容易に操作できます。また、ディスプレイのサイズも5インチから7インチへ大型化されたことで、視認性や操作性も向上。

価格は、上記のようにインフォテインメント機能を充実化しながら、車両価格はベースモデルの「500 1.2 Pop」で1,998,000円と、200万円を下まわるエントリー価格を実現。

ラインナップは従来と同様、全5モデル構成。ボディタイプはハッチバックと電動開閉式ソフトトップを備えたオープントップがあり、それぞれに1,240cc直列4気筒エンジン搭載車と、875cc直列2気筒ターボエンジン「ツインエア」搭載車が設定されています。

また、ツインエア搭載車には標準仕様の「Pop(500のみ)」のほか、バイキセノンヘッドライトやクロームエクステリア、フルオートエアコン、15インチアルミホイールなどを装備した上級モデルの「Lounge(ラウンジ)」を設定。フィアット500シリーズの価格帯は、1,998,000円~2,870,000円です。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ