フット後藤、お気に入り女子の失恋に喜びすぎて岩尾から疑惑の目「お前のMCの番組アシスタントで出演してたら絶対疑う」

AbemaTIMES

2018/9/9 16:00


 AbemaTVにて9月8日(土)よる11時より、新番組 『舌で恋する7日間』 第7話が放送された。

同番組は、恋愛をしたい若者が番組が用意した「舌恋メゾン」で共同生活を行い、“料理”という共同作業を通じて恋愛関係に発展していく様子を追う“お料理恋愛リアリティーショー”。スタジオMCには、お笑いコンビ・フットボールアワーの岩尾望と後藤輝基、料理研究家の寺田真二郎の3人。モデルの堀田茜をゲストに迎えた。

共同生活に参加するのは、優柔不断なイケメン芸人・坂本周平(もっさん・26歳)、今風オシャレ男子・金山勲希(ヒロ・24歳)、いつもニコニコ癒し系女子・根津千恵理(ねづっち・26歳)、超積極的関西弁グラドル・加納葉月(はづきち・23歳)、恋に貪欲モデル・薄井美樹(ミキティ・24歳)、そして新メンバーの恋に直球モデル・高嶋莉子(リコピン・22歳)だ。

 メンバーたちは、くじで決める当番制の夕食の準備やデートなどを通して距離を縮めていき、”ランチボックス”に思いを込めた料理を作って告白。ただし、告白できるのは女子のみで、告白に失敗した女子は舌恋メゾンを退出しなければならないというルールとなっている。

新メンバーのリコピンまでもがもっさん推しになり、ライバルがミキティだけではなくなったねづっちは、もっさんに告白することを決意。お弁当を作り、もっさんを呼び出した。

 一緒に作った思い出のだし巻き卵や、知れば知るほど魅力的というもっさんに例えたおでんなどを、もっさんが好みの濃いめの味付けでランチボックスに入れたねづっち。


 告白の場所にきたもっさんに、感極まったねづっちは涙を流し、言葉につまりながら「取られたくないなと思ったし…本当に私はもっさんのことが大好き、本当に大好き。だからこのお弁当を一緒に食べてください」と思いを伝えた。


 それに対し、もっさんは「ヒロくんと夕食を作ってるねづっちの笑顔が本当に嫌で。明確に自分が嫌がっているのが分かって…」とヒロと仲良くするねづっちにヤキモチを妬いていたことを明かす。しかし、「この気持ちが恋愛感情なのか、友情の感情なのか、僕自身決心つけれない部分があって」「嘘で終わらせたくないから。一緒に食べてあの家を去ることはできません」とねづっちの告白を断った。


 告白に失敗し、東京へ帰ることになっても「本当に出会えてよかったと思ってる」ともっさんとの出会いに感謝するねづっち。そんな健気なねづっちを見たスタジオの後藤は、「あの弁当、俺が食いたかった」「東京帰ったということは、僕と付き合える可能性が上がった」とねづっちとの未来に期待。岩尾に「お前MCの番組に(ねづっちが)アシスタントとして出演してたら絶対疑う」とツッコミを入れられる場面もあった。『舌で恋する7日間』は Abemaビデオ にて配信中。


⇒ 【見逃し配信】第7皿 人気初期メンバー女子の告白“気づきました、あなたが好き”舌で恋する7日間

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ