かっぱ寿司が「ひとり回転寿司最強店」に進化 ビール100円・1貫注文可で完璧な店に

しらべぇ

2018/9/9 14:30


どちらかといえばファミリー向けのイメージが強い、くら寿司やスシローなどの100円回転寿司。だが、そんなイメージをぶっ壊しそうな物凄い進化を、かっぱ寿司が遂げてしまった。

■生ビールが何杯でも100円


(©ニュースサイトしらべぇ)

その進化とは、東京・神奈川・愛知・大阪の店舗で5日から実施している『生ビール1杯100円』。

なんと平日16時から19時の間だけ、アサヒスーパードライが100円で楽しめてしまうのだ。しかもジョッキで、何杯でも飲んでOK!

■中ジョッキに感動


(©ニュースサイトしらべぇ)

サイズも小さなジョッキではなく居酒屋で中ジョッキとして出されるレベルの大きさで、コレが100円とは他の回転寿司の追随を許さないレベルのお得感。

(©ニュースサイトしらべぇ)

さらにトリュフ風味の本格的なハンバーグ(悲しいことにつけあわせのエリンギを忘れられていたが、それでもお得感がある)も390円だったり、そのほかのおつまみも充実していたりと、コレ半分居酒屋だろと突っ込みたくなってしまうほど。

■寿司8種とビールで税抜き500円


(©ニュースサイトしらべぇ)

また、かっぱ寿司のいいところをほかにあげると「1貫注文」が可能なところ。たとえば最初にビールを頼み、マグロ、はまち、さんま、小肌を1貫ずつ頼むとちょうど税抜き300円。

(©ニュースサイトしらべぇ)

次にかにみそやいくらなどの軍艦4種を頼んで締めると、寿司8種類とビール1杯で税抜き500円という激安価格でお会計ができる。

■スイーツやつまみを追加しても1,000円以下


(©ニュースサイトしらべぇ)

もし足りない人は最初に100円の枝豆を追加したり…

(©ニュースサイトしらべぇ)

銀座の老舗甘味店『立田野』とコラボした黒蜜スイーツを追加しても、1000円でお釣りが来る。あまりの満足感に感動を覚えるほどだ。

■かっぱ寿司の狙いはひとり回転寿司マニアに刺さる


でも、平日16時から19時じゃ短くない? と思う人もいるだろうが、実際のところ休日は家族連れで鬼のように混むし、平日もピーク時は行列ができる場合もある。

そのため、ひとり回転寿司を楽しみたい場合はピークを避けて行くことがほとんど。ちょうどすいている時間にビール100円を設定したかっぱ寿司のねらいは、ズバリひとり回転寿司好きに刺さるのだ。

ファミリー狙いでなかなか酒の値段を下げなかった他の回転寿司に先がけ、ビール100円の時間を設定したかっぱ寿司、ひとり回転寿司を楽しみたいなら行くしかないだろう。

・合わせて読みたい→【師走の財布に】お得に飲める「せんべろ」チェーン店4選

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

あなたにおすすめ