『ヒモメン』最終話、窪田と勝地の“共闘”に視聴者大興奮! ロスの声も

 窪田正孝と川口春奈が主演するドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の最終話が8日に放送され、劇中でヒロインをかけて窪田演じるヒモ男・翔と、勝地涼扮するイケメン医師が共闘する展開に視聴者から「2人可愛すぎんか」「共同戦線を組むことになろうとわ」などの声がネット上に多数寄せられたほか、最終回の放送を終えて「翔ちゃんロス」の声があがっている。

【写真】かわいすぎる「窪田正孝」フォトギャラリー

ゆり子(川口)のもとに姉・桜子(片瀬那奈)から電話が。桜子はいきなりゆり子に「今すぐ結婚しなさい」と一言。かねてから、ゆり子の花嫁姿を見たいと言っていた父(おかやまはじめ)が、末期がんだという知らせが桜子に入ったという。翔(窪田)を認めない桜子が、妹の結婚相手として指定したのは、ゆり子の幼なじみの“タッちゃん”こと、松平鷹彦(渡辺大)。鷹彦は現在、厚生労働省に勤務。しかも高身長でイケメンというハイスペックぶりで、海外任務から帰国したばかりだった。そんな鷹彦と再会したゆり子は、父の夢を叶えるために、結婚を決意するのだが…。

ゆり子が鷹彦に取られる危機に、池目は翔と手を組み、鷹彦に対抗することを決意。池目は翔に「一度しか言わないからよく聞け…手を組もう」と打診。二人は鷹彦に対して、ゆり子をかけたクイズ対決を申し込む。このシーンに「池目先生最高かよw頑張れ!翔ちゃん!!!!」「2人可愛すぎんか」「まさかの共同戦線を組むことになろうとわ」などの声が寄せられた。

ゆり子の決意は変わらず、ゆり子の両親と鷹彦の顔合わせの日が訪れる。しかし鷹彦が実は7回の離婚歴があることが判明。そんな鷹彦とゆり子の結婚を阻止するため、池目は翔に「春日さんを救えるのは無職のお前しかいない!」と一言。この言葉を聞いた翔はTシャツ&短パン姿でゆり子と鷹彦のいるホテルへ乗り込む。このシーンに「無職最強」「無職のヒーロー誕生」「無職だから失うものはない(笑)」などの声がSNSに殺到した。

その後、復縁するためにゆり子は翔の元へ。ゆり子が翔に向かって「今の私の夢はずっと翔ちゃんと一緒にいること!」と明かすと、二人は砂浜で抱擁を交わす。ハッピーエンドのラストシーンに「ゆり子推せる」「良かったあああ」などの声が多く投稿。さらに窪田演じるヒモ男役に対して、「今までとは違った役でとても面白かった」「窪田くんの役の中で一番ショウちゃんが好きだ」「久しぶりの幸せな役だったね」などハマリ役と絶賛されたほか、「最終回、まさか翔ちゃんに泣かされるとは」「翔ちゃんロスすごいよ」とロスの声もあがっている。

あなたにおすすめ