助けた人の孫が広瀬すずだった…『モニタリング』で大学生がパニックに

 女優の広瀬すずが、6日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング3時間SP』(TBS系/毎週木曜20時)に出演。男子大学生をドッキリで驚かせる仕掛け人の役を果たした。

【写真】パニックになるのもわかる? 広瀬すずのかわいい写真特集

場所は仙台。道端で倒れているおばあちゃんをターゲットが助けると、その後、街で偶然と見せかけておばあちゃんがターゲットと再会。おばあちゃんが「孫の婿にしたい」とターゲットに紹介するのが広瀬すず…という内容だ。

このドッキリに見事引っかかったのが、バイト帰りという男子大学生。倒れているおばあちゃんに慌てて駆け寄ると、カバンから水を取り出し、飲んでもらうよう促す優しさを見せた。ところがここで「救急車を呼ぶ」と言い出したため、仕掛け人のおばあちゃんは水を飲んで急に元気に。男子は最後、おばあちゃんの手を取り、起き上がる手伝いをしてくれていた。

その日の夜。仙台駅前を仕掛け人の友人と歩いていると、おばあちゃんとバッタリ。するとおばあちゃんは助けてくれたお礼に、と高級レストランへ彼らを招待。だが仕掛け人の友人は就職先から電話がかかってきたということで離席。するとターゲットは友人について「就職活動少し遅く始めたんですけど、ポンポン(就職先が)決まって……」とうれしそうに話していた。モニタリングしていた広瀬も「すごい良い人!」と絶賛。

その後、おばあちゃんが「たまたま仙台にいるという孫娘を呼ぶ」と電話し、しばらくして待っていると、広瀬本人が登場。男子は目を丸くし、「えっ待ってください、待ってください。広瀬すずさんがお孫さんなんですか? 絶対ヤバイ。そんなのヤバいです」などと大パニックに。広瀬が理想のタイプに「いっぱい食べる人」をあげると、男子は出された肉を頑張って食べようとするも、なかなか喉に通らない有様だ。

広瀬が「ぜひ今度一緒に乾杯させてください」とお願いすると、男子は「いやいやいや本当にそれはダメです」と断る謙虚さを見せた。おばあちゃんが男子に「ちょっとしたおねだりなら聞いてくれるかも」と勧めるも、リクエストは「握手」だけだった。

最後はネタバラシ。男子は「安心しました。恐れ多いです本当に。会ってうれしいですけど、テレビで応援してたいです」。どこまでも腰が低い男子に、広瀬も笑っていた。

あなたにおすすめ