何が違う?「親に紹介できる彼女、できない彼女」の差

ハウコレ

2018/9/9 11:00



付き合っている彼が帰省するさいに「一緒に来る?」「両親に会う?」など言ってくれたら、本気で付き合っている感じがして嬉しいですよね。結婚にも近づいている感じがあると思います。親に会わせる、会わせない、で彼の本気度が測れるのでしょうか。そして、その差はなんなのでしょうか。まとめてみました!

■■ポイントは彼の親子関係
「親に紹介できるかどうか」は彼女がどんな人かよりも親がどんな人かによって影響されます。どんなに自分が素敵だと思っている彼女であっても、「息子の彼女と会いたくない」と思っている両親であれば紹介しづらいもの。

「結婚を考えているわけでもない、いずれ別れる可能性が高い彼女と会ってもどういう関わり方をしていいか分からないから気まずいだけ。結婚が決まった相手だけ連れてきて欲しい」とドライな考え方をする人も一定数いるからです。

また、恥ずかしいから親と恋愛の話なんて絶対にしたくないというタイプの人も少なくありません。だから、「紹介してくれない」から彼が本気ではないとは限らないのです。彼が「元カノを一人も親に紹介したことがない」という過去の事実があるのであれば、紹介されなくても何も問題ないでしょう。

■■友達に紹介するのと親に紹介するのはハードルの高さが違う
「彼女にベタぼれで自慢したい」という感覚を持っている場合は、友達にどんどん紹介しようとするでしょう。ただ、友達に会わせるのと親に会わせるのでは難易度が全く違います。

それは、友達が交際を反対するケースは少なくても、親が反対する可能性は十分あるからです。親に会わせるのであれば、「親が気に入りそうな彼女かどうか」という点も含めて気にするので、例えば「離婚歴あり」「学歴が合わない」など、親が反対しそうな条件の彼女だと安易には紹介できないなと考えます。でも、時間をかけて親を説得しようと思っていることがわかるならそれは悪いことではありません。

■■他の彼女は紹介してきたのに会わせてくれない場合
過去の彼女も誰一人として親に紹介してきていないのであれば、彼のご両親はちょっと面倒で気難しい人たちなのか、あるいは恋愛の話題をするような家庭ではないのかもしれません。でも、過去の彼女は紹介してきたのに自分だけはされないというのでれば問題です。

将来を考えたときに親が反対しそうな条件があるわけでもないのに彼が紹介を避けるのであれば、別れを考えている、将来が見えないと思っている可能性が高いでしょう。

■■彼女の親に会いたがらない場合
自分の親に会わせるよりも、彼女の親に会うほうが男性はプレッシャーが大きいものです。なので、彼の気持ちを測りたいのであれば「今度うちの親と一緒にご飯食べようよ」などと話を振って反応を見てみてください。

そこで頑なに嫌がったり、避けようとするなら本気で付き合おうと思っていない可能性が高いです。

■■おわりに
結局のところ、「親に紹介する」というのは彼の意思だけではありません。招く側になる親側の対応がメインになるので、彼と親の関係性のほうが大きく影響します。ですから、「彼の親に紹介してくれるかどうか」よりも「自分の親と会うことを避けたがらないか」のほうが、誠実度が分かりやすいですよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ