全米優勝の『大坂なおみ』 ブーイングの中、スピーチが始まると観客は言葉を失う

grape

2018/9/9 10:02

日本時間2018年9月9日に行われた、テニスの全米オープン女子シングルス(以下、全米オープン)決勝で、セリーナ・ウィリアムズ選手と対戦した、大坂なおみ選手。

元世界ランキング1位を相手に、6-2、6-4のストレートで勝利し、初優勝を飾りました。

試合後のスピーチに観客も沈黙

36歳のS・ウィリアムズ選手は、20歳の大坂選手にとって雲の上の存在。

「子どものころからセリーナと戦うことを夢見てきた」と語るなど、試合前から憧れの対象であることを公言していました。

また、全米オープンはS・ウィリアムズ選手のホームで行われた大会。

出産後初の全米オープン制覇を目指すS・ウィリアムズ選手は、観客の声援を背に順調に決勝まで勝ち進んできました。

「S・ウィリアムズ選手の勝利」を望んでいるかのような会場の雰囲気…S・ウィリアムズ選手が警告を受けるなど、荒れた展開となった試合を、大坂選手は冷静に戦い、見事に勝利します。

ところが試合後の表彰式では、観客からブーイングが起こります。

審判への抗議なのか、もしくは、S・ウィリアムズ選手の振る舞いに対する抗議なのか…。観客はS・ウィリアムズ選手の勝利を期待していたため、大坂選手へ向けられたブーイングだったのかもしれません。

しかし、大坂選手のスピーチに、観客は沈黙することに…。

観客を黙らせた大坂選手のスピーチとは?

表彰式が始まっても続く大ブーイング。

それに対し、大坂選手は優勝の感想を問われたインタビューで、涙ながらにこう語りました。

ちょっと質問じゃないことを語ります。

みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。

こんな終わり方ですみません。

ただ試合を見てくれてありがとうございます。

本当にありがとう。
産経ニュース ーより引用さらに、S・ウィリアムズ選手に深々とお辞儀をして「プレーをしてくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えたのです。

一連の行動に、観客は沈黙。そして、大坂選手のスピーチへの歓声が上がり始めます。

ブーイングをする観客に対し、礼儀正しく振舞った大坂選手。ネットには多くの称賛の声が上がりました。

・大坂選手は試合中だけでなく、試合後の振る舞いも素晴らしかった。本当におめでとう。

・観客は自分たちの振る舞いを恥じたのでは?最高のスピーチだったよ。

・試合後にブーイングをする観客は最低。しかし、その挑発に乗らず、礼儀正しく対応した大坂選手を誇りに思います。

プレーはもちろん、人間としての魅力にあふれた大坂選手。さらなる飛躍を、日本人のみならず、多くの人が期待しています。

全米オープン優勝、本当におめでとうございます!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ