北海道で冷たい雨 九州~甲信は長雨に警戒

日直予報士

2018/9/9 09:13

10日(月)にかけて、本州付近の秋雨前線の活動が活発に。北海道は冷たい雨。九州から東海、甲信では激しい雨が降る所が。局地的に数年に一度しかないような大雨となる恐れ。

●北海道 月曜にかけて冷たい雨 冷え込む夜がしばらく続く

きょう9日(日)は、本州付近に延びる秋雨前線が北海道に近づくでしょう。北海道は、午後は日本海側南部や太平洋側を中心に雨が降る見込みです。北から冷たい空気が流れ込み、気温は多くの所で昼頃から下がる一方となりそうです。最高気温は、きのう8日(土)より5度くらいも低くなる所があるでしょう。今のところ、雨は強く降ることはない予想ですが、あす10日(月)にかけて降りやすい状態が続くでしょう。11日(火)は天気は回復し、暖かな日差しが届く見込みです。その後も、日中は日差しに温もりが感じられる一方で、朝晩は冷え込む日が続くでしょう。特に冷え込むのは11日(火)と12日(水)で、最低気温が10度以下となる所が北海道のアメダス地点のおよそ7割となる予想です。暖かく過ごせる工夫をし、体調管理にお気を付け下さい。

●九州~東海、甲信 局地的に激しい雨 降り続くことも

きょう9日(日)は、本州付近に秋雨前線が延びています。未明から朝にかけては、特に九州や四国に発達した雨雲がかかり、鹿児島県南さつま市付近ではレーダーによる解析で、午前2時50分までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。午前8時までで、1時間には大分県竹田市で33.5ミリ、高知県香美市土佐山田町で32.0ミリの雨を観測しています。また、四国では降り始めの6日(木)からの総雨量が500ミリを超え、9月の1ヶ月平均雨量近くなっている所があります。

本州付近に延びる秋雨前線は、きょう9日(日)は西日本付近でやや南下、東日本付近でやや北上する見込みです。あす10日(月)は東へと進み、夜には本州の南から日本の東にかけて延びるでしょう。前線に向かって暖かい空気の流れ込み、前線の活動は活発な状態が続く見込みです。9日(日)は九州から東海、北陸を中心に、10日(月)は四国、近畿から東海、北陸、甲信を中心に雷を伴った激しい雨が降り、局地的に滝のような雨が降るでしょう。降り始めからの雨量は更に増え、大雨となるおそれがあります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。また、激しい雨が同じような所で降り続くおそれがあり、近畿や北陸で数年に一度しかないような大雨となることも予想されます。今後の気象情報に留意してください。

●予想される雨量

あなたにおすすめ