アントニオ猪木氏、訪朝時の“車いす姿”にプロレスファン騒然! いったい何があった!?

日刊サイゾー

2018/9/9 09:00


「元気ですかー!」とはいかないようだ。

元プロレスラーのアントニオ猪木参院議員が、今月9日に開催される「北朝鮮建国70年の記念式典」に出席するため6日、出国した。マスコミの前に現れた猪木氏は車いす姿。顔色もすぐれず、屈強な肉体もしぼんだように見えた。

猪木氏は北朝鮮行きの真意について報道陣に問われ、「恒例だから」とひと言。経由地の北京では「(北朝鮮が)今後大きく変わっていく可能性。それをずっと何十年もやってきているので、その邪魔をするのではなく、なんとか向こうの本音を聞いて、それを生かすかどうかは、政府、国のやること」と答えたが、車いすからは最後まで下りなかった。いったい、猪木氏はどうしたのか?

周囲は「腰の治療のため入院していた。大事をとって車いすを利用している」と説明しているが、プロレス界では、ずいぶん前から「持病の糖尿病が悪化したらしい」という話が広まっていた。

「このところ国会に登院しなかったのも、車いすなしでは歩くことができず、弱々しい姿を見せることになるため。北朝鮮行きは当初の予定通りですが、前日にマスコミが『猪木氏、北朝鮮訪問へ』と報じたのが余計だった。空港に現れた猪木氏は、終始ピリピリムードだったそうです」(社会部記者)

6日未明に発生した北海道地震と、元・モーニング娘。吉澤ひとみの飲酒ひき逃げ事件の影響で車いす姿の猪木氏がニュースで取り上げられる回数は少なかったが、往年のプロレスファンにとって“見たくない”映像だったことは間違いない。

再び「ダァー!」の雄たけびを聞きたいものだが……。1日も早い回復を祈るばかりだ。

あなたにおすすめ