自分の人生は自分のもの! 人の目を気にしない人が知っていること




「自分らしく生きたい」と思っても「こんなことを言って嫌われたらどうしよう」と、周囲の目を気にしてしまうことはありませんか? 自分らしく、好きなことをして生きるって難しいもの。そこで今回は「人の目を気にせずに生きるために知っておきたいこと」についてご紹介します。一度きりの人生、楽しまないともったいないですよ!

人の目を気にせずに生きる方法

みんなに好かれるなんてことは不可能



誰だって、人に嫌われることは避けたいもの。しかし、みんなから好かれる人になるなんて不可能なことです。嫌われないように自分を偽って生きるよりも、本当の自分を認めてくれる人たちと付き合ったほうが、人生が豊かになります。
人間関係では、ある程度の諦めも大切。自分のことをわかってくれる人だけ大切にしていけばいいのです。

批判する人は一部の人たちである

他人から批判をされると、自分を否定されたような気分になり自信をなくしてしまいますよね。しかし、世界中のすべての人があなたの批判をしているわけではありません。全体のほんの一部の人たちが批判しているだけで、中にはあなたを評価してくれている人だっているはず。一部の批判ばかり気にして、やりたいことを諦めるのってもったいないですよね。
他人の評価は一旦置いておいて、自分のやりたいこととちゃんと向き合ってみてはいかがでしょうか?

コンプレックスを愛してくれる人はいる



どんなにパーフェクトなルックスでも、すべての人から愛されるわけではありません。人の好みは人それぞれ。あなたがコンプレックスだと思っているところも他の誰かは魅力に感じているのかもしれません。コンプレックスを気にして卑屈になるよりも、ありのままの自分を受け入れていきましょう。自分を許してあげるだけで生きるのがずっとラクになるはず。

「こうでなければならない」なんてことはない

自分の中で「こうでなければならない」というルールを決めすぎてはいませんか?「人に迷惑をかけてはいけない」「真面目に生きなくてはいけない」など、もちろん人として大切なことではあるのですが、たまには甘えてもいいのです。できないことがあってもいいしだらしないところがあってもいい。完璧な人なんていないのですから、ルールにこだわりすぎるのはやめましょう。
迷ったときは「楽しいか」「楽しくないか」で考えるのも、たまにはアリですよ。

今いる環境に執着しない

自分が今いる環境は、自分を押し殺してまで執着するほどの場所でしょうか? 視野が狭くなると、いろんなことを見失います。逃げ道を探せばいくらでもあるし、自分に合った道は一つではないはず。誰かのために生きる人生はステキかもしれませんが、自分の気持ちにウソをついてしまったら幸せではなくなります。人目を気にするばかりでなく、自分の気持ちに素直になることだって大切なことですよ。

人の目や他人の評価ばかり気になる人は、自分のことをしっかり愛せていないのかもしれません。自分を自分で受け入れることができてはじめて、人生が楽しくなっていくのです。

あなたにおすすめ