尼神インター・渚、相葉雅紀が「面白いイジりをしてくれました」


お笑いコンビ・尼神インターの渚が、10月12日にスタートする相葉雅紀主演のテレビ朝日系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(毎週金曜 23:15~ ※一部地域除く)にレギュラー出演することが決定した。

たらさわみち氏の同名漫画が原作の同作は、東京・神楽坂を舞台で開業する若き獣医師・コオ先生こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描くもの。渚は、相葉演じる達也の母・貴子(かとうかず子)に三味線の稽古をつけてもらうため、昼夜問わず達也の家に出没する神楽坂の芸者・まめ福を演じる。

渚は「ビジュアルも中身も普段の私とは真逆なので、台本を読んで『こんな女性なのかな』と想像を膨らませたりするのも難しかったんです!」と話す。しかし、かとうが色々とアドバイスをしてくれるとのことで、「かず子さんを『師』と仰ぎながら、助言を頼りに手探りでやらせてもらっています!」と明かした。

また、「アドリブでのセリフのタイミングなんかも、私、全然わからないので、現場で黙りこくってしまっていたのですが、すず芽ちゃん役の趣里さんが間をつないでくれたり、かず子さんが肩で肩を小突いて合図を出してくれたり…。そういうのを不自然に見えないよう、演技の中に入れながらやってくださっています」と共演者に助けられているようだ。

さらに相葉についても、「時間がかかってしまっても何の文句も言わずに待ってくれるし。本当にありがたいです」と話し、「ドラマの撮影が始まってから別の番組でもお会いしたんですけど、そのときも私がリラックスできるように、面白いイジりをしてくれました。そんなイジりをする印象ではなかったので、意外だったのですが、きっとドラマの現場でも早く打ち解けられるように、気を使ってくださったんだな、と思って感謝しています」と語った。

相方の誠子は「渚はふだん楽屋で漫才の台本を開くことなんてないんです。なのに、今回はドラマの台本を熱心に開いてめちゃくちゃ練習してます(笑)。芸者役ということなので三味線もいつでも練習できるように楽屋に持ち込んだりしていて、その努力は認めます」と評価しつつも、「絶対私の方がうまいと思います。自信あります」と対抗心を見せていた。

あなたにおすすめ