横浜DeNAラミレス監督、4時間超で惜敗 球場のファンに「感謝しています」もAクラスまで4.5ゲーム差…

AbemaTIMES

2018/9/8 23:05


 4時間を超える大熱戦となった9月8日の対ヤクルト21回戦で、横浜DeNAは6対7で敗れた。同日の試合で3位を争うライバルの巨人が勝利しただけに、ゲーム差も4.5に広がりクライマックスシリーズ進出に向けて非常に痛い敗戦となった。

 先発の今永が1回に3者三振とすばらしい立ち上がりを見せ、その裏にはロペスの20号3ランが飛び出すなど理想的な試合になるかと思われたが、雄平の8号ソロホームランをきっかけに徐々にヤクルト打線に詰め寄られる展開に。同点に追い付かれた5回にはソトの29号3ランで再びリードを奪ったものの、救援陣が踏ん張れずに8回に同点。9回にはパットンが雄平にこの日2本目の9号ソロホームランを浴びて万事休した。

試合後、アレックス・ラミレス監督(43)は惜敗の悔しさを押し殺しながら、遅くまで横浜スタジアムで試合を見届けたファンに対して「本当に感謝しています」とメッセージを残した。インタビューの全文は以下の通り。

-9回2アウトからの雄平のホームランで、残念ながら勝ち切れませんでした。

雄平は非常にいいバッターですし、うまく打たれましたね。うちのチームを相手に非常によく打っていますから、これも野球のひとつかなと思います。

-先発の今永投手について、ストレートが走っていたように見えました。監督の印象としてはいかがでしょうか?

悪くはなかったのかなと思います。ただ変化球などは少しバランスが崩れていたかもしれません。でも、そこまで悪くはありませんでした。

-4時間を超えるゲームでしたが、たくさんのファンが最後まで残ってくれました。明日に向けてメッセージをお願いします。

遅くまで残っていただいて、本当に感謝しています。明日は明日なので、しっかりと準備をして勝ちたいと思います。

-期待しています。ありがとうございます。

(日本語で)ありがとうございました。

(C)AbemaTV
▶【動画】“ハマのソト無双”横浜DeNAソトが勝ち越し29号 ロペスと助っ人アベック弾 ▶【動画】調子アゲアゲ↑ロペスが豪快先制20号3ラン!20本以上カルテットが完成

▶【動画】「さすが!」相手の流れを切る石川のファインプレー ▶9/9(日)18:00~ 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs東京ヤクルトスワローズ

あなたにおすすめ