恵比寿マスカッツ藤原亜紀乃、バストを棒でツンツンされて「何度も撮り直し」

dwango.jp news

2018/9/8 22:20


借金の総額が700万円、さらには26歳にして処女という触れ込みで話題を独占している藤原亜紀乃。

これまではアイドル活動にも意欲的で、かつてはザ・マーガリンズもリーダーとして、現在は恵比寿マスカッツのメンバーとして活躍中で、同グループと並行しながらグラビアや女優業、さらにはタレント活動にと大忙しの日々を送っている。そんな彼女が約7カ月振りとなるDVD『あそぼ』(グラッソ)をリリース。その発売記念イベントが8日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、最新作の見どころや気になる恋愛ネタなどを語ってくれた。



「私ももう26歳なので、大人っぽい黒の水着にしてみました。似合ってますか?」と報道陣に迫るなど、"オトナ"アピールで幕を開けた藤原のイベント取材。セクシーな黒のビキニ姿で上からB78・W60・H89(cm)という抜群のプロポーションを露わにし、バストのカップは非公開ながらも推定Cカップはありそうな胸の膨らみに報道陣の視線を独占していた。

そんな彼女の最新作は、6月に都内のハウススタジオなどで撮影。「全体のストーリーはありませんが、チャプターごとに設定があります。"あそぶ"をテーマに、各チャプターで社長やお兄ちゃん、旦那さんと遊んでいますよ♪」と説明してくれたが、各チャプターでセリフも多く「普段あまり使わないセリフが多かったので、「水着を着てこのセリフ?」みたいな感じで恥ずかしかったです(笑)」と振り返った。

具体的なシーンを「『あそぶ』というDVDのタイトル通り、社長とコスプレをしながら遊んだり、私はダンスが得意なのでダンスをしながら一緒に遊んだり、お風呂に入ってシャボン玉で遊んだシーンが収録されています」とあげながら、「お風呂のシーンでは、指し棒でおっぱいの横をツンツンされちゃいました。私には意外とセクシーなシーンになるところなんですが、凄くくすぐったくてガチ笑いで全然セクシーな感じじゃなくなっちゃったんです(笑)。もう何度も撮り直しでしたよ(笑)」と苦労しながらもセクシーなシーンに仕上がったという。

お気に入りの衣装は「和柄の赤い水着があるんですけど、それは私がお願いして実現しました。この水着を着ているシーンは個人的にお気に入りです♪」と満面の笑顔。「タイトルからしてエロくないですね。エロくないのが反省点です」と反省の弁も、「黒い変形水着を着たシーンは、ストッキングをエロく脱ぐように頑張りました。一番のエロいシーンです!」とアピールしていた。

前回の秋葉原で行われた1月のイベントで、「そろそろ処女を捨てたい…」と衝撃の告白をして報道陣を驚かせた藤原。それからというもの、出会いは「全然ないんですよ。どうしてですかね?「可愛くなったよ」とは言われるんですけど…」とバージンの悩みは尽きないようだが、「今年の夏はメイド喫茶で働かない?とスカウトされました。あっ、ナンパじゃないですね(笑)」とどこまでもアクティブな藤原に好きな男性のタイプを尋ねると「隣にいて恥ずかしくない人ですね。食べ方が綺麗でちゃんとレディーファーストが出来る人。それに、荷物を持ったおばあちゃんがいたら荷物を持ってくれる男性が良いです!」と具体的な条件を挙げて、「見た目はそんなに考えたことはありませんが、イケメンに越したことはないですね。それよりも、お金を持っている人が良いです!」と借金総額が700万円から500万円ちょっとに減ったとはいえ、リアルな回答だった。

あなたにおすすめ