「異世界居酒屋」10月からテレビ放送開始 なぎら健壱が居酒屋を訪ね歩く実写コーナーも

アニメハック

2018/9/8 20:30

(C)蝉川夏哉・宝島社/古都アイテーリア市参事会
 バンダイチャンネルほかで配信中のアニメ「異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~」が、10月2日深夜1時からBS11、10月3日午後10時30分からJ:COM テレビで放送を開始することがわかった。

同作は、蝉川夏哉氏によるファンタジーグルメ小説「異世界居酒屋『のぶ』」のアニメ化。異世界の街・古都アイテーリアにつながった居酒屋「のぶ」を舞台に、なまけ者の衛兵や、お忍びの聖職者、水道ギルドマスターといった個性的な面々が、店主の矢澤信之が振る舞う酒や料理に舌鼓を打つ様子を描く。アニメ版は4月から先行配信がスタートしており、2000万視聴を突破する人気作となっている。

テレビ放送では、各回配信2話分をオンエア。居酒屋通のなぎら健壱が、アニメ本編に登場する料理を扱う居酒屋を探し、現実世界を訪ね歩く実写ミニコーナー「なぎら健壱の『のぶ居酒屋』をさがして」(全12回)も放送される。

テレビ放送を記念して、同作と浅草・Samurai Hostelとのコラボ弁当が販売されることも決定した。西麻布の個室料理店くすもとの料理長監修が監修した本格派のオリジナル弁当で、アニメに登場する9種類の人気料理が詰め込まれたメニューとなる。Samurai Hostel 1階の「侍」屋台で販売され、価格は1280円(税込み)。

あなたにおすすめ