ホームラン打たれてないのに…横浜DeNA今永がチラ見 右翼場外に満開花火、近隣で大会が開催

AbemaTIMES

2018/9/8 20:10


 9月8日に行われた横浜DeNA対ヤクルト21回戦の試合中、試合展開や球場イベントとは関係なく、右翼席の場外付近に満開の花火が連発するという事態が発生、マウンド上の横浜DeNA今永が、思わずチラ見する場面があった。

 5回、今永が強力なヤクルト打線を相手に奮闘していたが、遠くの方から「ドーン!」と響き続ける音に、思わず視線を送った。すると視線の先には、きれいな花火が次々に花開いていた。これは同日、午後6時30分から開催されていた「みなとみらいスマートフェスティバル」内で打ち上げられたもの。屋外球場では、ホームランが出た直後や、試合終了時に打ち上げられることはあるが、近隣地域の花火が試合中のスタジアムで見られるのは珍しい。

 今永は、鳴り続ける花火が集中力に影響したのか、この回に2本の安打を浴び、暴投で同点となる3点目を許すなど、降板する憂き目にあってしまった。

(C)AbemaTV
▶【動画】今永ネバネバー!粘って粘って最後に綺麗なセンター返し ▶9/8(土)17:50~ 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs東京ヤクルトスワローズ ▶【動画】調子アゲアゲ↑ロペスが豪快先制20号3ラン!20本以上カルテットが完成 ▶【動画】「さすが!」相手の流れを切る石川のファインプレー ▶【動画】“ハマのソト無双”横浜DeNAソトが勝ち越し29号 ロペスと助っ人アベック弾

あなたにおすすめ