強盗・強姦未遂事件に遭い、暗闇の中「死ぬ」と覚悟……シングルマザーの実体験告白


 平和だと思っていた日本の埼玉県深谷市で強盗・強姦未遂事件の被害に遭いました。「日本は安全」「地元だから安全」ではないこと、犯罪に巻き込まれる時は国も場所も関係なく、ある日突然なのだと思い知らされた体験です。

「相手は誰でもよかった」という暴力事件や性犯罪などは、誰もがいつ被害に遭うかわかりません。性犯罪の被害者は泣き寝入りすることが多いため、表に出てこない事件は数え切れないほどあるといいます。現実に起こりうる危険を多くの人に伝えたいので、私の実体験をお話したいと思います。

2018年5月10日の夜、自宅の最寄り駅からの帰り道で強盗・強姦未遂の犯人となる見知らぬ男に襲われました。フィリピンのセブに移住していた4年間は一度も危険な目に遭ったことのない私が、安全なはずの日本の田舎町で死にそうになったのです。

 強盗・強姦未遂事件の経緯


 埼玉県北部の田舎町から、毎日片道約2時間かけて新宿まで通勤しています。旦那とは6年以上別居していて実質シングルマザーのため、子どもたちと共に私の実家に住んでいるのです。

埼京線の満員電車でぎゅうぎゅう詰めの通勤は、はじめの3カ月くらいはかなりキツかったものの、今ではもうすっかり慣れて日常生活サイクルの一部に。5月10日は、毎月一度の会社組織幹部との定例会議と食事会があり、社長や会社役員と一緒にお酒を飲んで帰宅が遅くなりました。

自宅の最寄り駅からタクシーで帰る予定でしたが、その日は運が悪いことにタクシーは全滅。タクシー会社に電話をしたところ「今日は電車の遅れがあったからタクシーがすべて遠方まで出払ってしまっていて絶望的です」と言われ、しょうがなく徒歩で帰宅することに。駅から家までわりと距離がある中、その日あった楽しいことを思い出したり、明日の予定を頭の中で確認しながら歩いていた途中の出来事です。

グレーのフード付きパーカーを着た見知らぬ男が、私の少し後ろをずっと歩いているのに気づき、嫌な予感がして小走りで帰ろうとした時でした。

男にいきなり後ろから羽交い締めにされ、アスファルトの歩道上で押し倒され、10発以上馬乗りで殴られたのです。民家や街灯がほとんどない暗闇の中、一瞬にして「私の人生終わった」「死ぬ」と恐怖を感じました。全身全力を振り絞っても男から逃げることはできず、トレンチコートのベルトが無理やり外される間、ただ悲鳴を上げることしかできませんでした。

「犯される」「殺される」という思いが頭の中を駆け巡り続け、犯人との揉み合いは、永遠に続くようにも、時間が止まったようにも思えました。危機感からか、悲鳴は張り裂けるような大声が出て、すると口を塞ごうと男は何度も何度も抑え込んできて、終いには、口の中に指を入れてきたので、それを思いっきり噛んだのを覚えています。

大声を叫び続けたからか、噛みついたのが効いたのか、民家の犬がすごい勢いで鳴き始めたからか、男は急に立ち上がって走り去っていきました。

お財布を盗られたと気づいたのは、パニック状態が治まってからでした。

 30分以上たっても到着しない警察


 犯人が走り去ったといっても、また戻ってくるかもしれないという恐怖は残ります。とにかく暗闇が怖くて、怖くて、怖くて、まだ距離のある自宅まで歩いて帰ることができず、現場から一番近い知人の家である焼肉屋さんへ助けを求めに全力で走りました。

焼肉屋さんの玄関の前で、自分の足が小刻みに震えていると気づいたことを覚えています。ご主人と奥さんは、快く店の奥の自宅に迎え入れてくれて、うろたえている私の代わりに警察と自宅に電話をしてくれました。温かいカフェオレまで出してもらい、本当に救われました。そして心からホッとした瞬間、やっと自分が生きていると実感したのです。

しかし、110番通報をして30分以上たっても何の音沙汰もない警察には、イライラと不信感が募っていきます。私にとって一大事の事件でも、警察からしたら取るに足らない案件なのだと痛感しました。

やっと到着した警察官に状況を説明すると、そのまま犯行現場での現場検証を行うことに。その後、鑑識による捜査やDNA採取、さらに調書を取るため深谷警察署に連れて行かれ、一睡もしないまま朝を迎えました。

あれから4カ月がたとうとする今、犯人はまだ捕まっていません。その恐ろしい男は、何事もなかったように日常生活を送っているのです。しかし、私自身は事件前日までの自分と、被害に遭ってからでは、まるで別人になってしまったように感じます。テレビや新聞で報じられる凄惨な事件の被害者たちは、その事件に遭う瞬間までは普通の生活をしていたのだと、今は痛いほどわかります。
(近藤英恵)

※次回の更新は9月15日予定

あなたにおすすめ