塚原夫妻・宮川紗江・速見コーチ、全員が傷を負う泥沼化…東京五輪の暗澹たる「歪み」


 不幸の連鎖。そして、誰もが傷を負っている。

日本体操協会をめぐるゴタゴタは、全員が傷を負う泥沼化の様相を呈してきた。宮川紗江選手の会見があったのは8月29日のこと。当初は、速見佑斗コーチから受けた暴力問題の会見と思われていたのが、日本体操協会の重鎮、塚原光男副会長と塚原千恵子女子強化本部長のパワハラを告発する舞台へと戦線が「拡大」し、マスコミがこれに食いついた。

それぞれが負った傷を見てみよう。

・塚原夫妻

宮川選手側の告発では、速見コーチの過去の暴力事件を利用し、指導する朝日生命体操クラブへの引き抜きを工作。また、宮川選手の会見を受け、塚原副会長が「全部嘘」と言ってしまったことから、「悪役」になることが避けられなくなった。9月に入ってからは、各メディアが後追いするかたちで過去のパワハラ、暴力なども報道されるようになり、さらに傷は拡大する見込み。

・宮川選手

今回の騒動によって、自分が欲している練習環境が失われてしまった。また、所属をめぐっての「二重契約」問題が浮上、マネジメント面でのトラブルが報道されている。また、コーチから平手打ちを食らう映像が公開され、暴力を容認してまでコーチと歩みを共にする姿勢に、疑問が投げかけられている。

・速見佑斗コーチ

暴力問題が告発され、本人もこれを認めた。協会から下された無期限の登録抹消処分を受け入れ、9月5日に会見を行う事態に追い込まれた。かつての所属クラブでの暴力映像が公開されたことにより、指導者の能力に大きな疑問符がついている。

少女への強烈な平手打ちは、衝撃的だった。スポーツではあってはならないことであり、宮川選手、そして家族が許容していれば済むという話ではない。平手打ちの映像を見ると、会見で都合の悪い部分を隠していたとしか思えない。

また、速見コーチの会見での発言を読むと、暗澹たる気持ちになった。彼の会見でのキーワードは、「暴力の連鎖」だ。

「暴力は指導の一環ですか?」という質問に対し、コーチはこう答えている。

「子どもの頃にそういう認識を持って大人になりました。危険な場面や練習に身が入っていないとき、ケガや命にかかわるくらいなら、叩いてでもわからせないと、という認識でした」

速見コーチは自分もそういう指導を受けてきたと認め、

「当時は教えてもらえたという感謝の気持ちが根底にありました。それは本当に間違いだと、今回学びました」

と語った。殴られ、叩かれ、感謝してしまうという悲劇。それが、次の世代へと引き継がれてしまう恐ろしさ。ここで負の連鎖を断ち切らなければならない。

体操界全体を見渡せば、男子では内村航平というエースが存在し、白井健三らの大学生世代も着実に力をつけている(高校生が手薄と指摘する関係者はいる)。また、女子も村上茉愛をはじめとして、世界との差を着実に縮めている。

しかし、女子体操界は今回の騒動で大きなダメージを受けた。それでも関係者のひとりは言う。

「これまでの『悪循環』を断ち切るために、必要なことと思うしかない」

10月にはドーハでの世界選手権も待っているが、果たして影響が出るだろうか。今後は第三者委員会の報告を待って、塚原夫妻にも処分が下されるだろう。

最終的には、誰も勝者がいない戦いにならざるを得ないだろうが、根底にあるのは、やはり「東京オリンピック」の存在だと思う。塚原夫妻による引き抜き工作が事実だとするなら、朝日生命体操クラブ所属選手からオリンピック代表選手を出したいという欲があったはずだ。

また、宮川選手も、東京オリンピックを目指すなら、自分をずっと指導してきた速見コーチと一緒でなければ考えられないと思ったからこそ、会見で塚原夫妻のパワハラを告発した。ただし、速見コーチの暴力を容認するかたちとなり、ここでも浅くはない傷を背負うことになった。

地元開催のオリンピックに出場することは、すべての関係者の願いだ。しかし、それが歪みを生んでいるように思えてならない。歪みは女子体操界だけではなく、カヌーではライバルのドリンクに、禁止薬物を混入させた問題があった。

東京オリンピックには、早くも影がつきまとっている。
(文=生島淳/ スポーツライター)

あなたにおすすめ