ダレノガレ明美が非難を承知で「父の大事故」を報告した理由

アサジョ

2018/9/8 18:14


 モデルのダレノガレ明美が9月3日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、父親が「大きな事故」に遭ってしまったことを明かしている。

「実は朝方に仕事現場に向かっている最中に父が大きな事故に遭ってしまい…」と書き出したダレノガレは、続けて「車の下敷きになり頭を強く打っているのと、首の骨やいろんな箇所が折れているため、(今後)24時間は何が起きるか分からないと言われ、家族みんながパニックになってしまいました。とりあえずは24時間の間に何も起きないことを願うばかりです!」とし、詳細に状況を伝えた。

ダレノガレの父親といえば、彼女が3歳の頃にシングルマザーだった母親と再婚した造園業を営む日本人男性で、過去「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の芸能人実家突撃訪問の際にも登場しており、現在のダレノガレの芸能界における躍進を喜ぶとともに、今後の活躍にもエールを送っていた。

「突如としてインスタグラムのストーリーにて報告されたダレノガレによる事故の知らせにはファンも困惑、彼女のツイッターアカウントにも『お父様のニュース見ました。ご無事である事を祈ってます』といった心配の声が寄せられています。ダレノガレも父親の容態を案じるあまりか、3日深夜にはストーリー上で『寝ないと! ベットに入って4時間もたった。』と綴り、精神的に不安定な状態にあったことが窺えます。『みなさんのおかげ』でとんねるずが彼女の実家に訪問した時には、家族揃ってひとつの鍋をつつき合う団欒を見せ、仲の良さが十二分に伝わっていましたからね。ダレノガレの心痛が思いやられます」(芸能記者)

今回のダレノガレによる報告に対しては、ネット上から「私だったら、お父さんが危ない状況だったらインスタ更新する余裕ないわ」「そんなこともSNSのネタにしなきゃいけないの?」「家族が大変な時って普通インスタできるかな。。」などといった疑問も噴出しているが、一般人が余興として更新するSNSと、タレントやモデルが自身のブランディングやファンとの交流目的に発信するSNSとでは事情が異なるのも事実。プライベートにおける喜怒哀楽をシェアすることでSNSを盛り上げてきたダレノガレにとって、父親の身に起きた災難による悲しみや不安感をファンと分かち合いたいと考えたのかもしれない。

なお、ダレノガレは9月5日にインスタグラム上で「この度はお父さんの事故により沢山の方にご心配をおかけしました。事故から24時間以上経ち、意識もしっかりある状況まで回復しました」と綴り、なんとか父親が一命を取り留めたことを報告。続けて「ゆっくりと時間をかけて完治できるように家族でサポートしていきます。暖かいメッセージも沢山頂き、本当に励まされました。ありがとうございます!!」と、ファンへの感謝の言葉で締めている。

ダレノガレパパの一日も早い快癒を祈りたい。

(木村慎吾)

あなたにおすすめ