「お前らなんて願い下げだよ!」女性出演者の捨て台詞におぎやはぎら震撼「怖い…」

AbemaTIMES

2018/9/8 17:00


 AbemaTVにて9月7日(金)よる10時より、新感覚恋愛リアリティーショー 『恋愛サバイバル オトシアイ』 #2が放送され、脱落した女性出演者が放った捨て台詞に、おぎやはぎをはじめとしたMC陣が震え上がる一幕があった。

同番組は、秋元康氏が企画するサバイバル恋愛リアリティーショー。真夏の沖縄を舞台に、好きな異性を恋に落とし合い、嫌いな異性をゲームとして投票で落とし合う、“オトシアイ”を繰り広げる。回を追うごとにメンバーが脱落していき、最後まで残りカップルとなった男女2名には、賞金100万円&ハワイ旅行がプレゼントされる。脱落者は、異性の投票により決定。男女が別室に分かれ、落としたい異性を絞り込む恋愛会議“ハナシアイ”も見どころの1つだ。

スタジオMCをおぎやはぎの小木博明、矢作兼が務めるほか、ゲストとして大倉士門、筧美和子、平成ノブシコブシ・徳井健太、前田希美、相席スタート・山﨑ケイが登場。現地での進行を担当するのは、敦士と近藤千尋だ。

前回放送の第1話で、沖縄へ出発する前に男女2名が早くも脱落。第2話ではいよいよ舞台を沖縄に移し、18名の男女による過酷な恋愛サバイバルがスタートした。沖縄初日の朝、ホテルで朝食をとりながら会話を楽しんでいると、現地MCの敦士と近藤が登場。恋愛にまつわる究極の2択質問が投げかけられた。

互いの性格や恋愛観を少し理解してきたところで“ハナシアイ”に突入し、投票へ。今回、沖縄を一切満喫することなく帰京を言い渡されたのは、ジョウ(26歳、俳優・証券会社バイト)とコトコ(26歳、タレント・雀荘店員)だった。

 ジョウが脱落した最大の要因は、イサリ(21歳、モデル・インフルエンサー)が飼っている愛犬の名前をバカにしたことにあった。朝食時の会話の中で、愛犬の名前が「スカイ」だと明かしたイサリに対し、ジョウは「スカイはダサいよ」と揶揄。女子の“ハナシアイ”でジョウの名前が出ると、イサリは「初めて話すぐらいなのに、自分の犬の名前をバカにされて腹が立つ」と怒りをぶちまけた。


 他にも「クセが本当に強く、しかも良いクセではない」「冗談が通じずノリが悪かった」などの理由から、9人中6人がジョウに投票。ちなみに、残り3人の女子が投票したのは、ユウト(24歳、芸人・相席屋バイト)だった。

ユウトは恋愛に関する2択質問に答える際、理解不足ゆえにどぎまぎする場面があり、「的を射ていない答えをするのが気になった」との指摘が。他の女子数人もこれにうなずき、「ナチュラルにバカだと思う」と痛烈な批判も飛び出した。

 一方、女子の脱落者となったコトコは、意見を求められた際に「私も同じです」と他の女子に同意し、自分の言葉で答えなかったことがマイナスポイントに。さらに「話したいという気持ちもない。興味が沸かない」「一緒にいて楽しくなさそう」などの非難を集め、9人中7人の男子が投票した。


 現地MCの敦士から脱落を告げられると、コトコは唇を噛み締め悔しそうな表情。感想を聞かれると「猫をかぶりすぎていた」と反省を口にしつつ「ぶっちゃけ、こっちもお前らなんて願い下げだよ!みたいな感じですけど」と吐き捨てた。


 コトコのこの発言には、現地にいたメンバーはもちろんのこと、スタジオのMC陣も「怖い、怖い」と連呼し動揺。スタジオがどよめきに包まれる中、矢作は「良かったね、落として」と、投票した男子の判断を評価した。


 なお、結果的にはコトコに票が集中する形となったが、男子の“ハナシアイ”ではクミ(24歳・モデル)に対する否定的な意見も目立ち、「人の話を聞いている時の態度が悪い」と話題に。話している人を見ず、興味がなさそうな表情で髪を触っている姿が、悪印象を与えてしまったのだ。

 スタジオの矢作も「この時の顔って性格悪そうに見えるんだね」と、男子の指摘に納得していた。『オトシアイ』は Abemaビデオ にて配信中。

⇒ 【見逃し配信】恋愛サバイバル オトシアイ#2

(C)AbemaTV

あなたにおすすめ