”明日には僕の声が確かに届いてるはず”IVVY二大都市ツアー~Heart Beat~東京ファイナルライブレポート

5人組ダンス&ボーカルユニット「IVVY」が、8月24日に東京・白金高輪SELENEで「IVVY二大都市ツアー~Heart Beat~」のファイナル東京公演を開催。

前売りチケットはSOLDOUTのなか迎えたツアーファイナルに、会場には開演を待ちわびるファンで溢れた。

今回は、東京公演のライブレポートとツアーを終えたばかりのメンバーからのコメント、さらに大阪会場の写真も紹介する。

■ アレンジが入り研ぎ澄まされる無限の音楽

暗転した会場にはツアー名でもある鼓動音が響き、白幕に映像が流れる。

幕が下りると、黒い軍服を模した新衣装を纏ったメンバーが現れ、「Baby I'm Back」が始まる。新しい衣装にファンからは悲鳴のような大歓声が沸き起こりコールもひときわ盛り上がった。

続いて「Higher」「party up」などファンに人気のおなじみのアップテンポの曲が続き、序盤から会場全体が1つに!

MCではリーダーのHIROTOが「IVVYには夢があります。俺たち5人が抱えている大きな夢に向かって辛いこともたくさんあると思うけど、IVVYはみんなの希望になれたらいいなと思って活動を続けています。皆さんに届くように書いた曲を聞いてください」と、ゆったりとした温かみのある音とともに進む後半1曲目は「夢の中で」。

他にもYU-TAとTOSHIKIの伸びのある美しい高音が交差する「triangle」、「Naughty boy」では挑みかかるようなKENTO.iのラップとそれに鳴動するように揃ったHIROTO、TAIYUのキレのあるダンスと個々の強みが光る一面も。

メンバーと観客が一斉にタオルを回すカバー曲「jyoyful」や左右に揺れ車の運転をするような通称“ドライブダンス”をする「We like party」で会場が一体となり、始終笑顔が溢れ本編が終了した。

■ 僕が作る道が続くように……レーベル移籍を発表

アンコール前にモニターに重大発表の文字が。

ビクターレーベルへの移籍と12月に新曲発売、そして昨年は実施できなかったTOSHIKIの生誕祭が同時に発表され、ファンからは驚きと祝福の声が響いた。

さらにアンコールではレーベル移籍後初となる新曲「first&last」を初披露。

好きな相手に会いたくて堪えきれない叶わない恋に、最初で最後でいいから……という切ない想いがこもった12月にぴったりなエモい曲に観客は聴き入った。

最後は”これからも一緒に歩んでいこう”という意味を込めた「with you」で締めた。全体を通し最高の瞬間を凝縮したかのようなファンとメンバーがともに笑顔溢れる空間。

ここから始まるさらなる活躍に鼓動高まるライブとなった。

■ ツアーを終えたメンバーよりコメント

――大阪・東京のツアーを終えて今の気持ちをお願いします。

KENTO.i:いつもは東京始まりだったので、大阪からツアーが始まるっていうのは不安だったりしたんですけど、ステージに出たらお客さんがたくさんいて盛り上げてくれて自分のテンションも上がって不安もなくなりました。大阪が終わってメンバーで改善点を話し合って、それを含めて東京公演は成長できたなと思います。

―3周年を迎えファンに一言お願いします。

KENTO.i:僕とTAIYUは加入メンバーなので在籍期間は少し短いんですけど、IVVYは3周年を迎えるということで、自分が進んできた時間もすごく濃くて良い時間になりましまた。レーベル移籍でびっくりしているファンもいると思うんですけど、夢を叶えるためにひとつひとつ成長して、これからも努力を継続していくので、自分たちを信じて着いてきてくれればと思います。

――大阪・東京のツアーを終えて今の気持ちをお願いします。

TAIYU:IVVYとして初の2大都市ということで、正直不安もあった大阪初日でした。でもお客さんがすごい盛り上がってくれて、良いスタートを切れたのがIVVYの自信にもなりました。東京公演は全体の大きい流れは変えてないんですけど、細かい演出は変えたので大阪公演に来てくれたお客さんにも楽しんでいただけたんじゃないかなと思います!

――3周年を迎えファンに一言お願いします。

TAIYU:IVVYはもちろん、僕自身ももっともっと大きいステージに立てるように、目の前のことをコツコツと積み重ねて行きたいと思います。そしてファンの皆さんと一緒に大きくなっていきたいと思います。楽しい景色をファンの皆さんと見て行きたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

――大阪・東京のツアーを終えて今の気持ちをお願いします。

YU-TA:ツアー始まる前と大阪公演が終わった後は「東京公演が終わったらホッとするのかな」って思っていたんですけど、終わった今は「また次にツアーができる時にまだ行ったことのない場所に行けたらいいな」と思いました。だから安心というよりはまだまだこれから!、これがスタートなんだなって気持ちの方が強いです。

――3周年を迎えファンに一言お願いします。

YU-TA:個人個人がさまざまな経験をすることによって、グループ全体の力がもっと上に上がっていくと思うので、常に努力を惜しまずよりストイックにこれからも続けていけたらいいなと思います。ライブができるのはファンの皆さんに支えてもらっているおかげなので、これからもIVVYの音楽が皆さんの幸せと、生活の一部になれたなと思います。

――大阪・東京のツアーを終えて今の気持ちをお願いします。

TOSHIKI:まず大阪で初のワンマンツアーができたということが嬉しくて。1stワンマンよりも会場の規模が大きくなって、着実により多くの皆さんにIVVYを知ってもらえているなって感じました。大阪公演から東京公演までの間に演出など細かい変更もしたんですが、こだわった甲斐もあって東京はより楽しく、良い空気でできたので良かったです。

――3周年を迎えるにあたりファンに一言お願いします。

TOSHIKI:3周年を迎えてこれからレーベルが変わるので、「IVVY遠くなっちゃったな……」と不安に思っているファンの方もいると思うんですけど、どこにいても良いライブを届けたい!という思いに変わりはないです。これからもより楽しい空間を一緒に作って行けたら嬉しいです。IVVYと一緒に歩んで、同じ景色を見てくれたら嬉しいです。

――大阪・東京のツアーを終えて今の気持ちをお願いします。

HIROTO:メジャーデビューしてから初のワンマンライブだったので、終わってからの達成感が今までとは違うなって思いました。自分がそういう風に思ったのはびっくりしたんですけど、終わったから安心、っていうよりは今はさらに次のステージへって気持ちの方が強いですね。「IVVY」は僕がメンバーを誘って0から作ったグループなんですけど、最初から一緒に苦労を乗り越えてきたからこそ、このメンバーなら今後どんな逆境も乗り越えていけると信じています。

――3周年を迎えファンに一言お願いします。

HIROTO:今までいろんな大変なことがあって、その度に支えてくれるファンやスタッフがいて、いつも本当に感謝しています。みんなの為にも、もっともっと多くの人にIVVYを知ってもらって、もっともっと多くの人を幸せにしていきたいです。大変なこともあるかもしれないけれど、これからもひとつひとつの階段を一緒に登っていけたらと思います。

■ IVVY二大都市ツアー~Heart Beat~東京セットリスト

SE

映像

Baby I'm back

Higher

party up

mc

mirage

stop the rainハーフ

forever

One love

ショートMC

夢の中で

トライアングル(YU-TA/TOSHIKI)

ノーティーボーイ(HIROTO/kento.i/TAIYU)

映像

back to the future

turn back time

unfair love

pain

映像

brand new day

joyful

we like party

SHOW TIME

アンコール

映像

MORE

ショートMC

fast&last

mc

with you(ザテレビジョン・吉良美慧)

https://news.walkerplus.com/article/161250/

あなたにおすすめ