アイドルだけど、ガチで舞台に挑戦しちゃいます!「劇団ミスマガジン」結成&初公演、決定

SPICE

2018/9/8 11:00



7年ぶりに復活した、雑誌「ヤングマガジン」・「週刊少年マガジン」主催のミスコンテスト「ミスマガジン」。応募総数2,893人から選ばれた「ミスマガジン2018」が、グラビアの世界を飛び出して、本格的な舞台演劇に挑む「劇団ミスマガジン」を結成した。劇団のメンバーは7月に発表され、ヤングマガジン第34号の表紙を飾った「ミスマガジン2018」グランプリ&各賞受賞者5名を中心に、数名が加わる予定。脚本・演出は、青春劇の旗手として注目を集める気鋭の劇作家・演出家、竜史(りゅうし/「20歳の国」主宰)が手掛ける。初公演は、2018年11月7日(水)~11日(日)、新宿「シアターブラッツ」で上演される。

「ミスマガジン」とは1982年にスタートし、2018年で36周年となる雑誌業界で最も歴史のあるミスコンテストだ。斉藤由貴、細川ふみえ、中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩(乃木坂46)など、錚々たるタレントを輩出。最新のミスマガジン2018は、沢口愛華(グランプリ)、岡田佑里乃(ミス週刊少年マガジン)、寺本莉緒(ミスヤングマガジン)、池松愛理(読者特別賞)、佐藤あいり(審査員特別賞)の5名が選ばれている。

伝説のミスコンを勝ち抜いたアイドルたちが、ガチで本格演劇に挑むというプロジェクト。公演タイトル、作品内容等の詳細情報は9月中旬に発表される予定。

あなたにおすすめ