生理で下着を汚してしまった! 意外なもので綺麗になる

grape

2018/9/8 10:43


※写真はイメージ
お気に入りのショーツを、生理の血で汚してしまった…女性であれば、そんな経験は1度や2度ではないでしょう。

量が多い日などは、ナプキンがちょっとずれただけで汚れてしまうことがあります。

血の汚れは落ちづらく、漂白剤を使ってもうっすらと跡が残ってしまうことも。

「生理日のショーツは紺や黒が多い」という人も多いかもしれませんね。

※写真はイメージ

特に悲しいのが、予定より早く生理が来てしまった時に、普段使いのショーツを汚してしまうことではないでしょうか。

私は生理予定日の数日前から、不意の事態に備えておりもの用シートを付けるようにしていますが、ついウッカリ忘れてしまうことも。

切ない事実に気付いた時は、がく然としました…。

その時、「血の汚れはコンタクトレンズの洗浄液で落ちる」というネット上の話題を思い出しました。

早速、そのウワサが本当かどうか試してみることに。

血の汚れはコンタクトレンズの洗浄液で落ちる?

普段、ハードコンタクトレンズを使っている私の家に常備されていたのが、こちら。

ハードコンタクトレンズ専用の洗浄液。1本で洗浄液と、保存液を兼ねることができるタイプです。

ショーツを洗濯洗剤と水洗いし、血の汚れがうっすら残ることを確認。

続いて、コンタクトレンズの洗浄液を試してみます。適量を汚れた部分にかけ、少しもみ洗いをして水ですすぐと…。

※写真はイメージ

【朗報】何もなかったように、綺麗になる

コンタクトレンズの洗浄液に含まれる、タンパク質を分解する成分の効果のようです。私が使ったのはハードレンズ用でしたが、ソフトレンズ用でも同様の結果が得られると思われます。

期待していたよりも、スッキリ落ちたことに驚きました!

もちろん、生理時だけでなく、ケガをして出血してしまった時にも活用できそうです。

指の切り傷で、いつの間にか服を汚していた…というケースもありますよね。

※写真はイメージ

ネット上では、「コンタクトレンズは使っていないけど、1本買っておこう」「子どもがよく鼻血を出すので、覚えておきたい」という声も見られました。

サニタリーショーツ専用の洗剤なども販売されていますが、身近なもので解決できるのはありがたいですね!

できればショーツは汚さないようにしたいもの…とはいえ、いざという時のために、頭の片隅に覚えておくといつか役に立つでしょう!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ