朝の爆発寝癖とおさらば!ひどい寝癖を防ぐ就寝法・ブローのやり方

美beaute

2018/9/8 10:00


今夜から実践!ひどい寝癖を防ぐ就寝法とは



これで朝の爆発髪とおさらば!寝癖を防ぐ就寝法・ブローのやり方

寝癖は頭部と寝具に挟まれることでつきます。そのため、寝相が悪いと寝癖がつきやすい傾向にありますが、睡眠中は意識がない寝相をコントロールすることは難しいものです。寝相の良し悪しに関係なく、寝癖を防ぐにはタンパク質同士が結びつく「水素結合」の特徴に注目することがポイントと言われています。

髪の毛が濡れている状態は水素結合が切れている状態であることから、濡れた状態で寝てしまうと癖がつきやすいのです。髪をしっかり乾燥させてベッドに入れば、髪内部まで水素結合しているため、ひどい寝癖を予防することができます。寝癖をつけないためにも、シャンプー後は必ずドライヤーをかけるよう心がけましょう。

しかし、髪がしっかりと乾いていたとしても髪の毛が頭部の重みにより長時間寝具に押し付けられていると、多少の寝癖は避けられません。とにかく少しでも寝癖を軽減させたいという方は、髪を束ねて就寝してみましょう。そうすることで寝具との摩擦を軽減し束ねないときよりも寝癖はつきにくくなるそうです。ショートヘアの方は、髪を束ねることができないので、帽子やビニールタイプのヘアキャップを活用することをおすすめします。

ひどい寝癖を作らないブローで、翌朝も安心!



これで朝の爆発髪とおさらば!寝癖を防ぐ就寝法・ブローのやり方

次にひどい寝癖を作らないブローのやり方についてご紹介します。

【これで翌朝も安心!寝癖を作らないブローのやり方】
1.まず最初にいつも通りブローを済ませます。
2.ストレート用ヘアミストを全体的に塗布していきます。
3.髪を挟むタイプの「ツインブラシ」を使いながら、右サイド→バック→右サイド→前髪と順番にブローしていきます。癖が強い部分は何度か挟みながらブローするようにしましょう。
4.ヘアクリップでバックを左右半分に分け、更に右半分をクリップで上下に分けます。ツインブラシでバックの右下→バッグの右上→サイドと順番にブローしていきましょう。
5.左側も同様ブローします。

いかがでしたか?ひどい寝癖を防ぐ就寝法・ブローのやり方についてご紹介しました!毎朝ひどい寝癖に悩まされている方は是非参考にしてくださいね。

あなたにおすすめ