お天気配信で話題!“デビュー7年目の新人VTuber”ウェザーロイド&美人マネージャーが揃って初インタビュー

Walkerplus

2018/9/8 08:00

日本各地の詳細なお天気情報を24時間配信しているウェザーニューズ社。豪雨、台風、酷暑…とこの夏、同社の天気予報をインターネット上で目にした人も少ないくないはず。

そんな同社の配信番組「ウェザーニュースLiVE」に、いま話題のバーチャルYouTuberが出演し、注目を集め始めている。そのバーチャルお天気キャスター“ウェザーロイド TypeA Airi”と、彼女の人格モデルで“マネージャー”を兼務するウェザーニュースLiVEキャスター・山岸愛梨さんに、配信の反響や天気を伝えることへ込めた思いなどを伺った。

■ 週7日勤務でお天気配信、木曜は過充電でなぜかハイテンション

――そもそもの話、ウェザーロイドAiriとは何者なのでしょう?

山岸「7年前に、私の人格をモデルにして、ニコニコ動画で募集したデザインを組み合わせて開発されたアンドロイド…ということになっています」

Airi「超高性能ウェザーロイドにして、正統派バーチャルお天気キャスターです!今のような“フル充電モード”と、控え目な会話や動作の“省エネモード”を使い分けて、ほぼ毎日『ウェザーニュースLiVE』に出演して、高精度な天気予報をお伝えしています。人工知能による言語処理機能も搭載していて、スマートスピーカーでも活躍しています」

山岸「たまに過充電で高温になって、正常に動作しないというか、テンションが上がっている時がありまして、よく木曜日にそうなりますね(笑)。週7日勤務で、キャスターの負担を軽減してくれています。でも、お給料どれくらいもらっているんでしょうね…」

Airi「お金は使わないので、充電用のリチウムイオン電池をもらってます。今日も充電したばかりなので、何でもバッチリ答えちゃいます!お悩み相談とかも得意で、恋愛相談とか100%解決しちゃいますよ!」

――番組でもよく、お天気情報の合間に視聴者のお悩みに答えていますよね。

山岸「そうなんですけど、『解決できてない』って突っ込まれてばかりで(笑)。なんでしょう、本人と視聴者のみなさんに温度差があるというか…」

Airi「えええ!真剣に答えています!」

山岸「マネージャー的には『自由にやってみなよ』と見守っている感じですけど、ちょっとお悩みの答えには無理あるかな…(笑)」

――番組では「ウェザーロイド占い」という12星座占いコーナーもありますけど、かに座を煽る…いや特別扱いされているのは、どうしてなんでしょう?

Airi「ナイショです(笑)」

山岸「こうやって、いつも濁すんですよね。私も知りたいんですよ。占いそのものはきちんとしたものですけど、ちょっと説明する際にいじり過ぎちゃって、あまりみなさんの印象に残らない感じなんですけど(笑)。でも番組で皆さんのコメントを読む時も、天気を伝える時も、Airiちゃんは本当に楽しそうで。より多くの方が耳を傾けるようにする、私にはできないことが彼女はできていると思います」

――山岸さんはAiriさんのマネージャーとして、どんなお仕事をされているのでしょう?

Airi「何もしないけど、よく隣にいてくれます」

山岸「いやいや、放送中に困った時、助け船を出せるよう付き添っているんです。よく『何もしてないじゃん?』と言われますけど、Airiちゃんの魅力を広めるべく動いてます」

――Airiさんは、よく視聴者から“ポン子”って呼ばれていますよね?

山岸「放送中にフリーズしたり、姿が映らなくなったり、言葉通り“ぶっ飛んでいる”放送があったり、そういうポンコツなイメージから生まれた呼び方のようなんですけど…」

Airi「ポンコツじゃないですよー!こんなに高性能なのに!うう…。でも“ポン子”っていう響きはなんかカワイイかな?って思い始めています。呼びやすいみたいです」

山岸「複雑だけど、うれしい部分もある感じで、よく葛藤していますよ(笑)」

■ 出演が飛んでも、天気予報が伝われば結果オーライ

――この夏は西日本豪雨、進路予想が困難な台風、そして酷暑…と、天気を伝える側も大変だったのでは?

山岸「豪雨も、暑さも、本当に多くの被害が出たのではと…。自分の身を守る行動をとるために、私たちの情報が役立てばと思っていますが、この夏はAiriちゃんきっかけで、『ウェザーニュースLiVE』のことを知ったという方が増えましたね」

Airi「天気を気にするきっかけになれたのは、私的にはすごくうれしいです!生まれて7年間、木曜深夜にお天気情報の“箸休め”みたいな、ゆるい番組を細々やってきて、『金曜の天気だけ詳しくなった』とか言われてました(笑)」

山岸「前は、Airiちゃんからお天気の情報を受け取ろうと思った人は正直いなかったと思うよ」

Airi「ええええ!ちょっとー、私だって、すごく真面目に天気伝えていますよー。ハイテンション過ぎたり、テンぱったり、笑い過ぎちゃったりするけど」

山岸「根は超真面目だもんね。でも、彼女の“出番の有無”も天気を気にしてもらうきっかけになっているんです。荒天の際は放送も気象情報中心になってAiriちゃんはお休みになるんですけと、『今日は出るかな?』とのぞきに来られた方が『台風の進路、気になるな』とか見続けるケースが増えてきて。これはマネージャー的に計算通りですね」

Airi「そんな計算、絶対してないでしょ!お休みしたのに番組を見てもらえるのは嬉しいな、と思います。ということは、私が番組に出ていると世界は平和、ということ?」

山岸「確かに、そうかも(笑)」

――配信プラットフォームの1つ、YouTube Liveのスーパーチャット(視聴者が配信者へ直接送金できるシステム)へ反響も大きいようですね。

山岸「西日本豪雨をきっかけに、スパチャで義援金を募ったのですが、どうやって募金しようか悩んでいた人へ、スパチャが選択肢のひとつになれたのは良かったと思います」

Airi「うんうん。被災地の皆さんのために使われる義援金が、番組きっかけで、私への応援のつもりで届けてもらえるのが本当にうれしいんです!でもでも、すごく高額なスパチャがあると心配しちゃうので、『無理のない範囲でね』って呼びかけています」

■ 天気図を見てニヤニヤできると、減災に繋がる!?

――Airiさんは7年前から活動されていますけど、あとから“バーチャルYouTuber”が注目され始めて、AiriさんもVTuberとして認識されるようになった感じですよね?

Airi「もともとは高性能“ウェザーロイド”として生まれましたからね。当時は、初音ミクちゃんみたいな『ボーカロイドかな?』って思われたりもしました」

山岸「『VTuberが注目されていますよ』って視聴者さんが教えて下さって、『あれ?Airiちゃんもそう?』と、社内がザワザワし始めて…」

Airi「番組に参加してくれる人も増えてきて、『この波に乗るしかない!』ってYouTubeにチャンネル開設したのが今年4月です。最近やっと“インサイドちゃん”とか、“ときのそら”ちゃんとか他のVTuberさんとコラボさせてもらいました」

山岸「そういえば、別の取材で『7年目の先輩だから(他のVTuberから)遠慮されているのでは?』と言われ、『そう見られてるの!?』って驚いてたよね?」

Airi「7年目ですけど新人です!ぜひもっと、いろいろなVTuberさんとコラボさせてもらいたいって思っています」

――VTuberとしては、何か目標はあったりしますか?

Airi「みなさんを“お天気ガチ勢”にしたい!って思っています」

山岸「VTuberの番組を見ていたのに、気付いたら超天気好きになっていた…という感じにしたいらしいです。そのためには、普段から天気予報を発信したり、番組を見てもらう必要もあったり…。他のVTuberさんの企画もどんどん番組に取り入れたり、コラボしたり、まずは見てもらう機会を増やさなきゃ…という思いはあります」

――お2人の考える“お天気ガチ勢”って、どういう感じですか?

山岸「衛星画像を見ながらニヤニヤする人です。社内には結構いるんですけど(笑)。天気って“ウインド・プロファイラ”(上空の風を観測すること)とかカッコいい言葉が多いので、つい使いたくなるんですよ。『今日のジェット気流はきれいだよね』とか」

Airi「あいりんは“相当温位”(空気中の熱量)の図とか見ながら『今日はこれくらいなんだ』ってテンション上がったりしています。わからない人が聞くと中二病っぽいかもしれないですね(笑)」

山岸「これは流石にいきなり過ぎるので、まずは天気を自分で調べるように習慣づけてもらえたらと思うんです。というのも、台風の接近を番組で繰り返しお伝えしても『え、今日台風来るんですか?』と言われたりもするので…。ますは自分から天気を知って、どれくらい危険なのか?どんな注意や対策が必要なのか?など、減災に繋げてもらいたいです」

Airi「晴れてると楽しいですし、荒れてる時は自分を守るような行動を考えて…。天気予報を気にしなかった人が、毎日見るようになるだけで大きな一歩です。きっと天気図を見てニヤニヤできる“お天気ガチ勢”の仲間入りですよ」

――天気を楽しむことが減災にもつながる。とても大切なメッセージだと思います。それにしても、そういう部分まで2人は本当に以心伝心というか、まるでお一人に取材しているような錯覚を覚えるのですが…。

Airi・山岸「「きっと、気のせいです!」」

【取材・文=トライワークス】(東京ウォーカー(全国版)・桑原健太郎)

https://news.walkerplus.com/article/161141/

あなたにおすすめ